雨柊のキャンプ場は岡山のどこ?読み方やてっちゃんの関係は?

岡山県赤磐市で、元東大生と知人の男性が山林を買って開拓し生活しているのが、2022年6月12日に報道され、現在注目を浴びています。

実際にそのキャンプ場に住んでいるのは、雨柊さんとてっちゃんという方です。

2人は共同生活をするほどの間柄という事で、今世間でもそのことが話題となっています。

そんな雨柊のキャンプ場は岡山のどこにあるのか、名前の漢字の読み方や、てっちゃんとの関係についても気になる方が増えているようです。

そこで今回は、「雨柊のキャンプ場は岡山のどこ?読み方やてっちゃんの関係は?」と題して記事をまとめていきました。

 

雨柊のキャンプ場は岡山のどこ?

どこの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

ここからは、雨柊さんのキャンプ場がどこにあるのか?について詳しく調査をしていきます。

報道で、岡山県赤磐市にあるという事はわかりましたが、名称や、詳しい住所までは説明されていませんでした。

そこでネット上やあらゆる情報を使って調査をしたところ、名称や、岡山のどこら辺に位置しているかがわかりましたのでお伝えします。

巷で仙人と呼ばれている雨柊さんとてっちゃんが住んでいるのは、「月見山 焚き火セントラル」という名称だという事がわかりました。

その名称をネット上の地図サイトで開いていったところ、どこにあるのかについても判明しました。

住所としては、岡山県赤磐市小鎌451-2に位置しているそうです。

この、月見山焚火セントラルへは一般のお客さんでも行けるそうで、実際にもネット上ではTVの評判などを聞きつけ、訪れる人も居るようですよ。

 

雨柊の読み方は?

謎の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

次に月見山セントラルで暮らしており、仙人と呼ばれている雨柊さんの漢字の読み方について調べていきます。

まず、雨という漢字は音読みではウ訓読みではあめ、と読むことができます。

柊という漢字は音読みではシュウ、シュと読むことができ、訓読みではひいらぎと読むことが出来ます。

本題の雨柊さんの漢字の読み方ですが、以前ラジオにご出演された際に、あめ・しゅうさんとの紹介があり、本人も頷いていました。

ですので、雨柊さんの読み方は、あめ・しゅうとなることがわかりました。

と言っても雨柊さん本人は名前や年齢に対してはあまり関心がなく、どうでもいいといった感じのようです。

 

雨柊とてっちゃんの関係は?

友好関係の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

これに関しては気になっていた方が結構多いのではないでしょうか。

雨柊(あめ・しゅう)さんは前見出しで月見山焚火セントラルに住んでいるという説明をさせていただきましたが共同生活しておられる方が居ます。

それが今からご紹介させていただくてっちゃんという方です。

雨柊さんは元東大生という事で、建築には詳しいそうですが、農業に関しては全くの無知だったそうです。

そこで沖縄の友人であったてっちゃんが、年に2.3か月の手伝いという形で合流したのが共同生活のきっかけとなったようです。

本名はてつやといい、「俺が沖縄に10年ぐらいおったんやけど、ライバル店の社長同士みたい」と雨柊さんが答えていました。

そんなてっちゃんは記者から、「雨柊さんと一緒にいるとたのしい?」と聞かれたことに対して、「つまらなかったら一緒にいないよ(笑)」。

と答えていたことから、とても仲の良い友人であるということがわかりました。

 

まとめ

キャンプ場の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

 

今回は、「雨柊のキャンプ場は岡山のどこ?読み方やてっちゃんの関係は?」と題して記事をまとめていきました。

岡山県赤磐市の奥に位置するキャンプ場で共同生活する、雨柊さんとてっちゃんについての調査結果を報告していきます。

雨柊さんのキャンプ場は、岡山県赤磐市小鎌451-2に位置している、月見山焚火セントラルで、一般の方でも訪れることが出来ることがわかりました。

次に雨柊さんの漢字の読み方は(あめ・しゅう)と読んでいるのをラジオ番組にて確認できました。

最後に共同生活しているてっちゃんとは沖縄にいた時からの知り合いで、農業の手伝いで月見山焚火セントラルにやってきたことがわかりました。

最初は年に2.3カ月だったのが、雨柊さんと一緒にいる楽しさの虜になったため、共同生活を始めるようになったんですね。

雨柊さんとてっちゃんは今ネット上でも注目されているため、今後またメディア出演した際などは新たな情報がはいってくるかもしれませんね。