神楽坂浮子の娘息子の画像は?名前や学校も徹底調査!

2022年10月1日に、NHK紅白歌合戦に2度出場経験がある神楽坂浮子さんの娘の過去について報道され、話題になっています。

神楽坂浮子さんは2013年11月20日に75歳で亡くならていますが、神楽坂さんの娘息子たちは、壮絶な人生を送ってきた事を記事で告白していました。

ネット上では、神楽坂浮子の娘息子の画像は?と気になっている方が非常に多いようです。

娘息子たちの名前や学校についても知りたいと思うのではないでしょうか。

そこで今回は、「神楽坂浮子の娘息子の画像は?名前や学校も徹底調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

神楽坂浮子の娘息子の画像は?

まずはじめに、神楽坂浮子さんの娘息子たちの画像について調査していきます。

ネット上で神楽坂さんの娘息子の画像について調べていくと、同じキーワードで検索している方がとても多いことがわかりました。

SNSなども使い、娘の息子の画像を徹底的に調べていきましたが、神楽坂浮子さん以外の画像は出てきません。

神楽坂浮子さんは、最後の芸者歌手と言われ、大舞台でスポットライトを浴びながら華やかな人生を過ごしていましたが、娘息子たちは違いました。

娘は、10代の頃から20年以上もの間、覚醒剤に溺れ、暴力団組員の性の玩具となるような人生を過ごしてきたとの事で、逮捕歴もあるとの事です。

反社会的勢力と関わっていた事実などもあるため、娘さんだけではなく、息子さんに関しても画像などを一切残していないのかもしれませんね。

実は神楽坂浮子さんの娘息子さんの画像が世に出回っていない理由として、有力な情報を掴むことが出来ました。

 

神楽坂浮子は母親の役割を捨てていた

神楽坂さんの娘さんへのインタビュー記事で、神楽坂浮子さんは彼女は母親の役割を捨て、「芸能人」として生きる女だったと語っています。

神楽坂浮子さんは娘さんを連れて舞台などへ出かける際は、ブランド品に身を包んで、娘にも自分の高価なバッグを持たせていたそうです。

行く先々では羽振り良く振る舞い、娘さんと仲の良いところをアピールしますが、家に帰ると、別人のようになって娘さんからバッグを奪っていました。

目も合わせようとせず、娘さんが話しかけても返事すらしないことも多く、服も靴も買い与えようとしなかったそうです。

このことに対してインタビューで娘さんはこう答えています。

「母は自分のことにしか興味がなく、娘の私にはまったく関心を持っていませんでした」。

外に出る時に『行ってきます』と言っても返事をしてくれないので、気づいてもらうためにドアを思い切り閉めて出ていくのが習慣になっていました。

物心ついた時からそうだったので、周りから『神楽坂浮子の娘』と言われても、嬉しいと思ったことがありません」。

そんなある日、娘さんが小学5年生の時に、神楽坂浮子さんは突然、1人で都内の高級住宅地のマンションに引っ越してしまったそうです。

マンションは、当時の愛人だった大企業の社長に購入してもらったものだったそうで、そこは、愛人との密会の場所でした。

その行動によって、娘さんと息子さんは母親である神楽坂浮子さんに捨てられたと思ったようです。

そのため、家族写真などもほとんど残っておらず、世に出回っていない事が分かりました。

 

神楽坂浮子の娘息子の名前は?

次に、神楽坂浮子さんの娘息子の名前について詳しく調査していきます。

ちなみに、この神楽坂と言うのは芸名で、学生時代に人気を博していた神楽坂はん子さんに憧れそう名付けたそうです。

そのため、この時点で神楽坂と言う苗字ではないことはわかりました。

実は、問題になっている記事では娘さんの事を、高野香瞳と言っていますが、隣には仮名と書いてあります。

息子である兄に関しては、大学に入学させた後、自立しているとありますし、仮名でもなく兄と言う表記になっています。

そのため、神楽坂さんの娘息子たちの名前は完全に伏せられており、何も情報を得ることは出来ませんでした。

娘さんや息子さんも、神楽坂浮子の子供だと思われたくないとはっきり言っているため、これからも公表する気はないのでしょう。

 

神楽坂浮子の娘息子の学校は?

神楽坂浮子の娘息子の学校について見ていくと、あることがわかりました。

娘さんは中学生の頃に、母親のコネで私立の中高一貫の学校へ進学しており、学校の寮に入っていたことがわかりました。

神楽坂浮子さんはその当時愛人と暮らしており、子供が邪魔になったことで、寮に入れさせたのではないかとの事です。

大学生になった兄も自立させられていたとのことで、息子さんに関しては最終学歴が大学だと推測できます。

高校卒業後は、母親のコネで東北の大学へ進学したことがわかりましたが、1年弱で中退してしまったそうです。

そのため、娘さんの最終学歴は大学中退だとわかりましたが、娘さんにしても息子さんにしても、学校名までは特定できませんでした。

 

神楽坂浮子の娘のその後

東北の大学を中退した後、娘さんは六本木にあった有名な高級クラブでキャストとして働きだします。

この店は六本木の中でも特に格が高く、大物芸能人が毎日のように出入りしていたそうです。

ですが、そこで働いていたキャストは所詮20歳そこそこの若者でしかなく、店が終われば当時流行っていたチーマーたちとつるんでいたそうです。

ちなみにチーマーと言うのは、いわゆる反社会的勢力を表しており、茶髪にしたりピアスをしたりして夜通し遊んでいる集団を指しています。

そんなチーマーたちとディスコやクラブで踊り明かす日々だったそうですが、その後覚醒剤に手を染めてしまい人生が狂ってしまいます。

その後も、犯罪を重ねる日々を過ごしていましたが、自治体の職員から電話がかかってきたことで、神楽坂浮子さんが亡くなったことを知ったようです。

神楽坂浮子さんは生活保護を受けている状態で亡くなったそうですが、息子さんが遺体を引き取らないとの事で、娘さんに連絡がきたとの事でした。

火葬場には娘さん一人しかいなかったそうで、あれだけ有名だったにも関わらず、寂しい最期だったと語っています。

その後1度は遺骨を受け取ったそうですが、刑務所に入った際に知人に預けたところ、ある事情から音信不通になってしまったそうです。

相手は反社会的な人間だったそうなので、おそらく遺骨は捨てられてしまったのではとの事でした。

それから9年が経った現在、娘さんは関東を離れて遠く離れた地で暮らしているそうです。

 

まとめ

今回は、「神楽坂浮子の娘息子の画像は?名前や学校も徹底調査!」と題して記事をまとめていきました。

NHK紅白歌合戦にも2度出場しており、華やかな芸能人生を送っていた神楽坂浮子さん。

その娘さんや息子さんの苦しかった過去が明らかになり、ネット上では衝撃を受けているようでした。

この記事では、神楽坂浮子さんの娘息子さんの画像や名前や学校に関しても詳しく調査していきました。

結果として、神楽坂浮子さんの娘息子の画像は残っておらず、名前に関してもわかりませんでした。

学校に関しては、娘さんは私立の中高一貫校に進学し、東北の大学を中退していた事がわかりました。

息子さんに関しては、大学に進学したという事に関しては確認できましたが、それ以外は何もわかりませんでした。

神楽坂浮子さんが自分の娘息子を本当の子供だと思っていたのかの真相はわかりませんが、どんなことがあってもその事実は変えられません。

今後お二人がどんな人生を歩んでいく事になるかはわかりませんが、苦しかった分も幸せになってもらいたいですね。