デイリーキャッシングの審査は厳しい?審査落ちや時間を調査!

  • 2022年6月14日
  • 2022年6月22日
  • 金融

今回は「デイリーキャッシングの審査は厳しい?審査落ちや時間を調査!」というタイトルで記事をまとめていきます。

生活に困っていてお金を借りたいけど、どこからも借りなくて困っている、事故や失せもの等で急な物入りがあって、お金を貸してくれるところを探しているといった状況に直面しているのではないでしょうか。

あるいは、すでに貸金業法の総量規制いっぱい借りていて、他に借りられるところがないかを探しているかもしれません。

そんなあなたにおすすめなのが、デイリーキャッッシングです!

審査が厳しいのではないか、審査に落ちたり時間がかかるのではないかと心配に思うかもしれませんが、そんなことはありません!

ほかの大手の消費者金融の会社に比べてデイリーキャッッシングは審査基準が緩いので甘めで、未成年や無職の方以外の人はほぼ利用可能です。

最短即日で融資してもらえるのも特徴的です!

実際、私も本当にお金に困っていて、ほかの大手の消費者金融会社からもお金が借りられずに困っていました。

そんな時に利用したのがデイリーキャッシングです。

当時の私はアルバイトのわずかな収入しかありませんでした

しかし、担当者の方はお金が本当に必要な当時の私の切羽詰まった状態を理解して親身に寄り添ってくれて、すぐに融資してくれました

その結果、デイリーキャッシングから借りたお金で生活をしのいで、なんとか生活することができました。

デイリーキャッシングは24時間、全国どこからでも申し込みできるのが特徴です。

今すぐお金が必要なあなたに、デイリーキャッシングは最適だとおすすめできます。

もしデイリーキャッシングから借りれるのか迷っている方は、一度気軽に相談してみるだけでもおすすめであすよ!

\今すぐお金を借りる/

デイリーキャッシングの審査は厳しい?

では、デイリーキャッシングを利用する場合、審査の難易度やスピードはどの位なのでしょうか。

調査したところ、審査については大手消費者金融やカードローンに比べて比較的甘い傾向にあるみたいです。

 

審査基準が甘い

理由の一つ目として、審査基準が甘いことが挙げられます。

デイリーキャッシングの審査基準は「20歳以上」「定期的な収入がある人」となっており、定期的な収入にはアルバイト・パートや自営業者や個人事業主も含まれます。

前年ながら未成年や無職の方は申し込みが出来ませんが、それ以外の人はほぼ利用可能です。

>>デイリーキャッシングの審査についてはこちらもご確認ください。

 

大手消費者金融と競合しない

理由の二つ目として、大手消費者金融と競合しない(大手が利用できない人の受け皿となっている)ことです。

会社の規模が小さめの為、大手の審査に漏れた人の受け皿としてのビジネス形態をとる必要があります。

自己破産や債務整理を経験したことのある方や、支払いが遅れてしまってブラックリストになった方でもお申し込みすることができ、審査通過の可能性が高いとされています。

そういった方の受け入れをする場合は必然的に審査を甘くせざるを得ないという事です。

中堅消費者金融は独自審査を行っているので、大手のスコアリング審査と違い、一人ひとりの状況に合わせて柔軟に審査を行ってくれるのも特徴です。

 

新しい会社

理由の三つ目として、デイリーキャッシングは新しい会社であるということです。

新しい会社の場合、先ずは顧客を確保する必要があります。

その為、少々の悪条件は飲み込んでもらえる可能性もなくは無いと言えるでしょう。

そして何といっても「過去に債務整理もしくは自己破産を行った場合でも申し込みすることが出来る」ことです。

金融事故の経歴があっても返済能力が認められれば審査が通ることもあり、その確率も決して低くは無いそうです。

但し、審査スピードについては若干時間がかかってしまう場合があるとのことです。

なぜなら比較的小規模な会社の為、人員が少ないこともあり、レスポンスのスピードがどうしても大手に比べて遅くなってしまうこともあるからです。

しかしその分、一人一人に向き合ったヒアリング対応をしてくれるらしく、総合的な評価は高いとのこと。

 

デイリーキャッシングの審査に落ちる条件は?

デイリーキャッシングの審査要件は甘く、前述したとおり、以前に金融事故を起こしていたとしても審査が通る可能性は高いです。

その為、審査で落ちてしまうとしたら「貸金業法の総量規制内に収まらない(年収の1/3以上の融資)、信用情報が良くない(過去に滞納や遅延をしてしまった)といった可能性が考えられます。

信用情報が良くない場合はJICCやCICなどのチェックが入る為、審査の時間も多くかかったりします。

また、審査結果の連絡が全くない場合もあるといいます。

そういった場合は落ちてしまっている可能性が高いので、連絡を待ち続けるよりもほかの金融会社の審査を受けるのが良いでしょう。

 

デイリーキャッシングの審査時間は?

デイリーキャッシングの審査時間については最短即実の融資が可能となっております。

事前に必要な情報がそろった状態で審査を受けることが出来れば、最短30分という非常に短い時間で融資開始となる場合もあります。

審査に必要なものは以下

  • 本人が確認可能なもの
    健康保険証、運転免許証等
  • 収入を証明できるもの
    給与明細、源泉徴収表等

但し、必要となる書類は信用情報の良し悪しや、借りるプランによって変わってくるので、審査の際は担当者の話をよく聞き、準備するようにしてください。

 

デイリーキャッシング 融資詳細

融資条件満20歳以上で定期収入のある方
ご融資金額1万円〜300万円
実質年率8.5%~18.0%
返済期間5年以内、1〜60回
延滞損害金20.0%(年率)
返済方法元利均等返済
担保・保証人不要
必要書類本人確認書類・保険証・所得証明・印鑑等
対象地域日本全国

 

デイリーキャッシングの4つの特徴

1.最短30分の即日融資

平日であれば最短30分の即日融資をすることが可能です。
中堅消費者金融の中では非常に早いスピード融資に対応しているのが特徴です。

 

2. WEBから24時間365日 全国からお申し込み可能

申し込みは、24時間365日、全国どこからでも来店不要で申し込みすることができます。

 

3. 融資金額1万円〜8,000万円

少額の融資から不動産を担保にした数千万円の融資まで幅広く対応しています。

 

4.4つのローンから選べる

デイリーキャッシングでは個人向けのフリーローンやおまとめローンから、法人・個人事業主向けのビジネスローンまで、4つのローンが用意されています。

デイリーキャッシングの一番のポイントといってもいいでしょう。

中でも、複数の他社ローンやクレジットカードのリボ払いを一本化できる「おまとめローン」が人気です。

\今すぐお金を借りる/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「デイリーキャッシングの審査は厳しい?審査落ちや時間を調査!」というタイトルにて記事をまとめてみました。

デイリーキャッシングの審査は比較的甘い傾向にある様です。

理由としては、「審査基準が緩いこと」「大手消費者金融と競合しない(大手が利用できない人の受け皿となっている)こと」、そして「新しい会社であること」が挙げられます。

また、過去に金融事故の経歴があっても返済能力が認められれば審査が通ることもあり、その確率も決して低くは無いそうです。

次に、審査に落ちてしまう要件としては、「貸金業法の総量規制内に収まらない(年収の1/3以上)融資」、「信用情報が良くない(過去に滞納や遅延をしてしまった)」といった内容が挙げられます。

もし落ちてしまった場合は、速やかに他社の審査を受けるのが良いでしょう。

そして、審査時間については最短即実の融資が可能でした。

但し、必要書類や情報がそろっている必要があるので、事前に確認しましょう。

>>デイリーキャッシングの口コミや評判はこちらもご確認ください。