夕張市ポニー誤射事件の犯人のハンターは誰?名前や顔画像特定は?

2021年11月30日に北海道夕張市でハンターによる誤射事件が起きて話題となっています。

報道によると、50代のハンターがポニーを熊と間違えて発砲したといいます。

一体、この犯人のハンターは誰で、名前や顔画像はあるのでしょうか?

そこで、「夕張市ポニー誤射事件の犯人のハンターは誰?名前や顔画像特定は?
」と題して記事をまとめました。

 

夕張市ポニー誤射事件の犯人のハンターは誰?

テレビ朝日は、以下のように報じています。

狩猟中に起きた事故。家族も同然のポニーが犠牲になりました。

ポニーの飼い主:「何十年も一緒にいるので家族の一員だったし、急にいなくなるとは思ってもいなかったので」

ポニーのキングは先週、シカ猟をしていたハンターの男性に誤って撃たれ、死にました。

ハンターの男性(50代):「クマかと思った」

ポニーとクマを間違えた。ハンターの男性は、そう説明しています。

飼い主の話では、ポニーがいたのは住宅の敷地内にある放牧地。ハンターとの距離は30メートルほどだったそうです。

銃弾はポニーの顔に…。ポニーは治療もできないほどの傷を負い、獣医が安楽死させました。

ポニーの飼い主:「(獣医の話では)このまま苦しんだまま亡くなるのを待つか、安楽死という方法かどちらかということだった」

ハンターの男性について警察は、飼育されている動物を撃つことを禁じる鳥獣保護法違反にあたる可能性もあるとみて事情を聴いています。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/4535055f2920504344d67111a6055a5dcffbd864

夕張市ポニー誤射事件犯人のハンターの名前や顔画像特定は?

 

夕張市ポニー誤射事件のネットの反応

国民
馬と熊を間違えるなんて、ありえない。
しかも、突然藪の中から飛び出してきたのなら、一瞬の判断ミスかもしれないが、飼い主の敷地内の放牧地にいたと記事にあるから、突然の出会い頭ではなさそう。
「ペットではなく、家族を殺された。」飼い主さんがそう感じるのも当然。だけど、どんなに大切な家族でも、人間でなければ器物損壊罪くらいにしかならないのが悔しい。
こういう人は、人を撃っても「クマと間違えた」とか言いそう。
国民
銃を取り上げてください!!
猟を生業としている方は別として、ただ自分の満足の為に命を奪うという感覚はとても恐ろしく感じます。
このポニーちゃんも飼い主さんも本当に気の毒でなりません。酷すぎます。
国民
長生きする馬は大事なペット。突然失った飼い主さんの衝撃は、想像するにあまりある。私有地に入ってハンティングをして、クマと間違えて撃つなんて、どれだけ腕が悪いのか。
国民
事情を聞くだけではだめでしょう。
他の記事では私有地に勝手に入って、誤射に気付いて牧柵壊して飼い主に断りもなく運び出そうとしていたんですよね。
許せません。
国民

人の敷地にいる動物を撃つってどういう事!?
熊とポニーは全然違うし、そんな間違いするなら庭に出てる人間も撃ちそう。

国民

動物の区別もつかない人が狩猟なんてやらないで下さい。
名前公表されてないけど、この人は2度と銃を持たないでいただきたい。
そもそも狩猟なんてやめませんか?動物の命を殺めて何が楽しいのか。
飼い主の方、そしてポニーちゃんの事を思うと不憫でなりません。

出典:ヤフーニュース