ゆきぽよ、知人男性が薬物違反騒動からの復帰目指すも 「残念ながらもう席はない」

スポーツ紙の取材に完全復帰へ前向きな決意

報道によると…

3月18日、19日付けの『日刊スポーツ』『サンケイスポーツ』『スポーツ報知』『東京スポーツ』のニュースサイトにそれぞれ登場した“ゆきぽよ”こと木村有希。あらためて“友人”男性が彼女の自宅で違法薬物を使用、逮捕された騒動を謝罪したのだった。
日刊スポーツでは、今の自分を《落とし穴に落ちている》と表現し、《そこをどう脱出するのか、というのを考えていて。ただ脱出するだけでなくて、どう意味のあるものにするか、失敗をくんで、この状況をどう楽しみながら、どう脱出できるかを考えています》と、“完全復帰”への前向きな決意を語ってみせた。

出典:週刊女性プライムhttps://news.yahoo.co.jp/articles/d78758c3101aef588dd76f858a25aaa035bee923

ゆきぽよの復帰に対する国民の声

国民の声:これが自然の流れだと思います。ゆきぽよさんは、残念ながら芸能人の資格がないと思います。世間を甘く見すぎてましたよね。

国民の声:賞味期限の切れたタレントさんという現実を受け入れて新たな人生を歩んでください。

国民の声思うのは自由ですが、やはりしつこく付きまとわれていたはずの相手がどうして自宅の合鍵を持って自由に出入りできて中で泡を吹いていたのか普通に矛盾していると思う方に一票。彼女はこれについて納得のいく説明をできないなら普通に終了と思う。

国民の声コンプライアンスが叫ばれている中、自宅で知人男性が薬物使用して逮捕されるようなタレントは怖くて使えないでしょうね。残念ですが、もう、席はないと思います。

国民の声過去に付き合っていた彼氏が逮捕された事を、武勇伝のように話す事が理解できなかった。反社会的勢力と繋がりのある男性と親しい関係だった事、ゆきぽよの自宅で薬物を使用して逮捕された事、ゆきぽよ自身のイメージは相当下がってしまった。

国民の声:本人が反社でないとしても、反社イメージをもったタレントを起用しリスクテイクする企業(スポンサー)は希有だと思います。今までが異常であって、正常にもどっただけだと思います。

出典:ヤフーニュース

Twitterの反応

編集部より一言

本人は潔白であったとしても、犯罪者と近しい関係だったのは事実です。タレントはキャラクターやイメージが商品でもあり、ゆきぽよのようなグレーな人を起用すること自体、リスクがあります。危ない橋を渡りたくない人は、わざわざキャスティングしないでしょう。

ゆきぽよ
話題のニュースの最新情報をチェック!