吉田麻也:差別的行為(ジェスチャー)の犯人誰|少年グループの顔画像特定は?

サッカーのワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア戦後に起きた、ファンによる吉田麻也選手への差別的行為(ジェスチャー)の問題が波紋を広げています。

その行為に対して吉田選手は抗議の姿勢も示し、サウジアラビア国内でも問題となっています。

一体、吉田選手に差別的行為(ジェスチャー)を行った犯人は誰(名前+画像)でどのようなグループなのでしょうか?

報道の概要

サッカーダイジェストが以下のように報じています。

マイクの前に立ったDF吉田麻也は、スタンドの敵国ファンからの野次を最初は気にもしていなかった。しかし突然、指を差しながら客席に近寄って激怒。その後のオンライン取材で、詳細は触れなかったものの、「差別的なジャスチャーがあった。前回の予選の時もそうだったので、ちょっと許しがたいなと思った。非常に残念」とコメントしていた。

そんななか、サウジのアル・ワフダでクラブの会長を務め、現在はスポーツコメンテーターの元サウジアラビア代表ハティム・カヤミ氏は、「不適切で失望した」と述べた。

「木曜日の夜、4、5人のティーンエイジャーが日本のキャプテンにしたことはサウジを代表したものではないということを伝えたい。この少年たちは、自分たちのしたことを後悔しているだろう」

少年グループによる行為だったことには驚きを隠せない。『Arab News』も「この事件は、サウジアラビア代表の輝かしい夜の後味を悪くした」と伝えている。

上記のように、今回吉田選手に差別的行為を行った犯人は、4~5人の「ティーンエイジャー」だったとされているのです。

つまり、10代の少年グループということになります。

ネットの反応

国民
本当に残念なことですが、犯人がサウジ国内でも猛バッシングされており、謝罪タグまで広まったていることでまだ救いがありますよね。
国民
負けた試合後で失意のどん底でもおかしくない状況下で、しかも敵地で毅然とした態度を見せた吉田選手は、すごいと思う。
国民
同じアジアの国でそういうことされるとは。
吉田選手は海外生活が長いので、差別的なジェスチャーにあれだけ憤慨したんでしょう。
国民

日本人特有の「相手にしない」という行動は、相手にとって勝利を意味するものです。
こういった小さなことでもしっかりと怒り抗議する行動は、大事なことです。

国民

ヤジはどの競技でもあるけど、やはり人種的差別行為は、人として許されない。
中東系だって白人社会では差別の対象でもあるのに、自国ってだけで安心して差別行為をするって・・・

国民

見てて本当辛かったなぁ、この予選で1番プレッシャー感じてるのは協会でも監督でもなく吉田選手だと思う。

出典:ヤフーニュース

吉田麻也:差別的行為(ジェスチャー)の犯人誰|顔画像特定は?

改めて、今回問題となった動画の映像を見てみたいと思います。

問題となった映像はこちらです。

 

 

一見、動画の前面で笑って指をさしているのが犯人かと思いきや、吉田選手は、観客席の前方にいるファンに向かっていき、激高していることがわかります。そのため、前方にいるファンがその「ティーンエイジャー」(少年グループ)なのでしょう。

 

ただ、この角度からでは吉田選手が誰に怒ったのか判別はできませんでした。

しかし、日刊スポーツが吉田選手側からの写真を掲載しています。

上記の写真を見ると、確かに何人かの少年が吉田選手に指をさしたり、笑ってからかっているかのような様子がわかります。

恐らく前方にいる少年グループが、吉田選手に差別的行為を行った犯人だと思われます。

一方、ネット上では本当の別の人物なのに、少年グループに罪を着せて火消しを図ろうとしているのではないかという見方も出ています。

 

動画を見る限り、一番煽っている黒Tの男を含め、あの一帯に陣取るグループはとても10代には見えない。差別ジェスチャーをしたのはまた別の人物なのかも知れないが、未成熟な若者のせいにして火消ししているようにも感じる。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/9f05271ba40dc0cb0cb0402b6c5226eff3cc396a

 

ただ、具体的にどの人物なのかは現段階では報道されておわず特定はできていません。

今後新しい情報が入る可能性があるので、入り次第掲載いたします。

 

関連記事

サッカーのワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア戦後に起きた、ファンによる吉田麻也選手へのある行為が話題となっています。その行為に対して吉田選手は抗議の姿勢も示しました。一体何があったのでしょうか。報道の概要Footb[…]

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref