淀川美代子が死去で死因は?年齢やwikiプロフも調査!

  • 2021年12月13日
  • 2021年12月13日
  • 訃報

2021年12月13日、編集者の淀川美代子さんが死去したことが明らかとなり話題になっています。

12月に入り、淀川美代子さんの訃報に関するツイートが相次いで確認されています。

一体、淀川美代子さんの死因は何だったのでしょうか?

また、年齢やwikiプロフィールについても気になりますね。

そこで、「淀川美代子が死去で死因は?年齢やwikiプロフも調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

淀川美代子が死去で死因は?

2021年12月11日~13日ごろ、ツイッターで淀川美代子さんが死去したというツイートが相次ぎました。

ただ、淀川美代子さんが亡くなったという報道は公式にはなされていません。

そのため、現時点では本当に亡くなったのかどうかは判断ができない状況です。

また、関係者や知人とみられる複数の人物が淀川美代子さんが死去したというツイートをしていますが、調べたところ、死因については触れられていないようです。

そのため、もし亡くなっていたとしても現時点では死因は不明な状況です。

 

年齢やwikiプロフも調査!

淀川美代子さんは神戸市出身で、淀川長治さんの姪っ子です。

小さな頃には淀川長治さんと一緒に住んでいて、映画や雑誌など、芸術関係の作品に囲まれて大きくなったようです。

淀川美代子さんは高校生の頃まで叔父と一緒に住んでいたため、影響を受けたのだと思われます。

松竹配映退社後に平凡出版へ

就職活動の時期になると、松竹配映に就職した後に退社します。

平凡出版(現在のマガジンハウス)でアルバイトとして働いて、雑誌「an・an」の編集部で勤務します。

その後1年ほど経った後に正社員となり、「an・an」の編集に携わっています。

1985年から87年までは「オリーブ」の3代目編集長を務めています。

 

オリーブやアンアンの編集長を歴任

1985年から87年までは「オリーブ」の3代目編集長を務めています。

その後は、「アンアン」や「ギンザ」の編集長も経験します。

1998年に「ギンザ」編集長に就いた後、2006年には「エグゼクティブアドバイザー職」となっています。

2010年にマガジンハウスを退社した後は振り^ランスとして編集活動。

2012年1月にインテリア雑誌「MAISHA」を創刊してへんしゅうちょうになっています。

 

淀川美代子の年齢は?

気になる淀川美代子さんの年齢についてですが、淀川美代子さんは詳しいプロフィールについて公開していないよです。

そのため生年月日がわからず、年齢も確認することができません。

ただ、淀川美代子さんと交流のある74歳の編集者が2020年に執筆したブログで淀川美代子さんは自分よりも年齢は上だとつづっています。

そのため、この情報が事実であるならば淀川美代子さんは75歳以上であると考えられます。

淀川美代子は結婚をして旦那や子供がいる?

淀川美代子さんが結婚をして旦那や子供がいるのかどうかも気になりますが、淀川美代子さんのプライベートに関しては情報が少なくわかりません。

年齢的には結婚をして旦那や子供がいる可能性が高いですが、編集の仕事に集中してきた女性なので、独身であった可能性もあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2021年12月13日、編集者の淀川美代子さんが死去したことが明らかとなり話題になっています。

そこで、「淀川美代子が死去で死因は?年齢やwikiプロフも調査!」と題して記事にまとめてきました。

淀川美代子さんの死因は何だったのか気になりますが、今のところめぼしい情報は出ていないようです。

また、年齢やwikiプロフィールについても気になり調べてみました。