与田祐希のゴンゾウが亡くなった?死因は病気か寿命?

2022年2月17日、乃木坂46の与田祐希さんが自身のインスタグラムを更新。

実家でペットとして飼っているヤギのゴンゾウ(ごんぞう)が亡くなったと報告して話題となっています。

一体、ヤギのゴンゾウ(ごんぞう)の死因は何なのでしょうか。
病気か寿命なのでしょうか?

そこで、「与田祐希のゴンゾウが亡くなった?死因は病気か寿命?」と題して記事にまとめていきます。

 

与田祐希のゴンゾウが亡くなった?

ヤギのゴンゾウ(ごんぞう)が亡くなったことについて、与田さんはインスタグラムで上記のように報告しました。

与田さんのインスタによると、ゴンゾウ(ごんぞう)は2月14日に亡くなったとのこと。

亡くなる1週間前まではずっと元気だったようですが、突然体調が悪化して病院に行ったものの、原因不明のまま息を引き取ったといいます。

診察に当たった獣医師も死因を特定できていないようで、詳細はわからない状態のようです。

一体、ゴンゾウ(ごんぞう)の死因は何だったのでしょうか。

また、一般的にヤギが急死する原因は何があるのでしょうか?

 

与田祐希のゴンゾウの死因は?

今回亡くなった与田祐希のゴンゾウは現時点では死因がわかっていないようです。

それではヤギが急死するケースはどのようなものがあるのか調べてみました。

すると、「出血性敗血症」という病気があるようです。

パスツレラ菌に感染して発症する伝染病で、病状の進行が早く、発症から2日後に死亡するケースが多いということがわかりました。

参照:http://nichiju.lin.gr.jp/tksn/deer/deer09.html

もし急激に発症する場合、予兆がないまま死に至るため、ヤギが生きている内に病気の可能性を見抜くのは難しそうですね。

ヤギの死亡例を考察した論文を読んでみると、最も多い死因は「急死」「不明」とのこと。

具体的な原因を究明するのが困難なことがわかります。

 

与田祐希のゴンゾウの死因は寿命?

一方で、ゴンゾウの死因は寿命だったのではないかとも推測されます。

それでは、一般的なヤギの寿命はどのくらいなのでしょうか。

ヤギの寿命は比較的長く、15年から18年程度されています。

ヤギは病気やケガをしにくい動物ですが、人間と違って言葉で伝わらないことで分からないことがあるのは当然で、本当に小さな内臓の疾患や、先天的に持ってる病が原因であっという間に衰弱死してしまうケースというのも動物の場合はあるようです。

与田祐希さんが小さな頃から一緒に暮らしていたのだとすると、かなり高齢なヤギだった可能性があります。

そのため、寿命で体調が急変して亡くなったということも考えられます。

もっとも、現時点では死因については詳細はわかっていません。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「与田祐希のゴンゾウが亡くなった?死因は病気か寿命?」と題して記事にまとめてきました。

2022年2月17日、乃木坂46の与田祐希さんが自身のインスタグラムを更新。

実家のペットであるヤギのゴンゾウ(ごんぞう)が亡くなったと報告して話題となっています。

一体、ヤギのゴンゾウ(ごんぞう)の死因は何なか、病気か寿命なのを調べてみました。

一般的にヤギが急死する時は、「出血性敗血症」という病気があるようです。

ただ、15年から18年程度されています。

与田祐希さんが小さな頃から一緒に暮らしていたのだとすると、かなり高齢なヤギだった可能性があります。

そのため、寿命で体調が急変して亡くなったということも考えられます。

しかし、現時点では死因については詳細はわかっていません。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。