早稲田大学アカハラ女性准教授は誰?台湾で性行為の実名特定?

2022年3月25日、性交渉の強要を含むハラスメントを受けたとして、早稲田大学の男子学生(25)が、指導教員だった同大政治経済学術院の女性准教授と大学を相手取り、計750万円の損害賠償をもとめる訴訟を東京地裁に起こしました。

早稲田大学のアカハラ女性の准教授は誰なのでしょうか。

台湾で性行為したことや実名は特定されているのかも気になりますね。

そこでこの記事では「早稲田大学アカハラ女性准教授は誰?台湾で性行為の実名特定?」と題してまとめていきます。

 

早稲田大学アカハラ女性准教授は誰?

早稲田大学のアカハラ女性の准教授は誰なのでしょうか。

調べてみましたが、早稲田大学のアカハラ女性の准教授は誰なのか、現時点では明らかになっていません。

しかし、同大政治経済学術院の女性准教授ということは分かっています。

また女性准教授が複数名存在していることから、本件とは無関係な人物が当該女性准教授として名指しされる可能性があります。

そのためネット上に挙がっている噂や憶測を安易に信じ込まないようにしましょう。

正直、早稲田大学でこのようなことが行われていたのは、本当に驚きですよね。

男性が女性にするのならまだ分かりますが、女性が男性にするというケースはかなり珍しいのではないでしょうか。

 

早稲田大学アカハラ女性准教授が台湾で性行為して実名特定?

早稲田大学のアカハラ女性の准教授が台湾で性行為して、実名が特定されているのでしょうか。

調べてみましたが、早稲田大学のアカハラ女性の准教授が台湾で性行為して、実名が特定された訳ではないようです。

准教授が台湾で性行為を強要していたと報道では公表されていましたが、どこまで本当なのか今のところは不明ですし、准教授と生徒の間で意見が食い違ってくる可能性もあります。

なのでこれからどのような新事実が明らかになってくるのか、注目していきたいと思います。

今後SNSや2ちゃんねるなどの掲示板でリークされるかもしれないので新しい情報が出たら掲載します。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「早稲田大学アカハラ女性准教授は誰?台湾で性行為の実名特定?」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると、早稲田大学のアカハラ女性の准教授は誰なのか、現時点では判明していません。

しかし、同大政治経済学術院の女性准教授であるということは分かっています。

また台湾で性行為して実名が特定されたのかについても徹底調査しましたが、実名は特定されておらず、台湾での性行為が原因になった訳ではないようです。

早稲田大学でこのような卑劣な行為が行われていたのはちょっと残念ですし、学校のイメージダウンにも繋がってしまうのでないでしょうか。

一刻も早くアカハラの全貌が明らかになってほしいですし、男子学生の精神状態も心配ですね。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。