柳家小三治の死因|wiki経歴と家族(妻+子供)や性格+実力

2021年10月10日、落語家で人間国宝の柳家小三治さんが亡くなったことが報じられて話題となっています。

柳家小三治さんの死因は何だったのでしょうか。また、どのような人物だったのでしょうか。

 

報道の概要

スポーツ報知は以下のように報じています。

 落語家・柳家小三治(本名・郡山剛蔵=こおりやま・たけぞう)さんが7日、心不全のため亡くなっていたことが10日、分かった。81歳だった。2014年に落語家としては師匠の5代目・柳家小さん、上方の桂米朝に続く3人目の人間国宝の認定を受け、15年の米朝亡き後は唯一の存在として、“名人芸”を披露していた小三治さんが天国へと旅立った。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/0bfa418e895e52c6f433993a0ee4ef4af0103f6a

上記のように、柳家小三治さんの死因は心不全でした。

晩年は病気と戦う日々だったといいます。長年、リウマチを患い、2017年には頸椎(けいつい)を手術しました。また、21年には腎機能の治療のため入院しましたが、復帰を果たします。病院を一時退院し落語会を行うこともあったといいます。

 

ネットの反応

国民
昭和•平成•令和の落語界を牽引してきた師匠、12月の落語会を楽しみにしていましたが、残念です。天国で先代小さん師匠や兄弟子の談志師匠、ライバルの志ん朝師匠と『極楽落語』会を開催してください。
国民
父がこの方は上手いと言う事を聞いて拝見した時はまだお若くてかなりのイケメンでした。人間国宝にまでおなりになり81歳。落語家としたらまだまだ良い味を出せたのではと思います。惜しい方を日本は失いました。ご冥福をお祈り致します。
国民
大名跡を継ぐこと無く小三治のまま大名人としての生涯を終えられました。本当にお疲れさまでした。有難うございました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
国民

大して落語に興味もなかった自分が、初めて寄席を見に行ったら最後小三治師匠でした。
とても引き込まれる出だしや喋り方でとても落語が好きになりました。

国民

師匠の話、大好きでした。こちらがどんなに仕事で疲れててもグイッと落語の世界に引き込んでくれて、楽しい時間を何度も過ごさせていただきました。

国民

まだまだお元気に頑張って欲しかったのに残念でなりません。ご冥福をお祈りします。

出典:ヤフーニュース

柳家小三治のwiki経歴

本名:郡山剛蔵(こおりやまたけぞう)
生年月日:1939年12月17日
没年月日:2021年10月7日(81歳没)
出身地:東京都新宿区
師匠:五代目柳家小さん
弟子:柳家〆治、柳家はん治、柳家福治、七代目柳亭燕路など
出囃子:二上りかっこ
活動期間:1959年 – 2021年
配偶者:郡山和世
家族:郡山冬果(次女)
所属:落語協会

小三治さんは、高校卒業後の1959年に5代目・柳家小さんに入門して「小たけ」を名乗ります。

天才肌で早くから頭角を現し、63年に二ツ目に昇進し「さん治」となります。

二ツ目時代からテレビ番組のレギュラーを持つ売れっ子となり、69年に17人抜きの抜てきで真打ちに昇進し10代目・柳家小三治を襲名しました。その後は落語中心の活動となり、寄席や独演会で活躍。「チケットの取れない落語家」の元祖とも言える存在でした。

2010年からは落語協会の会長を2期4年務めています。

また、オートバイ、オーディオ、スキーなど多彩な趣味を持っていました。

 

柳家小三治の家族(妻+子供)

小三治さんの奥さんは和世さんといい染色家です。和世さんの父親は医者でした。

和世さんは1942年に東京日本橋蛎殻町に生まれます。女子美術大学芸術学部工芸科を卒業しました。

在学中に柳家小三治(当時さん治)と知り合い、熱烈恋愛の末、1966年に結婚しました。一男二女の母です。

参照:https://www.amazon.co.jp/噺家カミサン繁盛記-講談社文庫-郡山-和世/dp/4062646587

柳家小三治さんと妻の和世さんの間には、子供が4人(長男・長女・次女)います。

子供のうち次女は郡山冬果という名前で女優として活動しています。

 

柳家小三治の性格+評判

誰しもが認める現役噺家の最高峰でありながら、さらに芸の極みを追い、”落語”をトコトンまで突き詰めたことで知られています。

 

「落語家ではなく噺家」を自称していて、古今亭志ん朝、立川談志さんが亡くなった後には現代落語界の頂点に君臨する「孤高の名人」とも言われていました。

取材を受けないことで有名だったそうですが、2014年に週刊ポストの取材を受けてインタビューに応じています。

 

https://www.news-postseven.com/archives/20140213_240781.html?DETAIL

 

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref