山内武司新潟市西区の顔画像とFacebook!余罪や風俗従業員の関係は?

2022年6月29日に、横浜市のホテルで、58歳の男が東京都練馬区の29歳の風俗店従業員の女性に覚醒剤を注射して乱暴したという事件がありました。

逮捕されたのは、新潟市西区寺地に住む無職の山内武司容疑者58歳で、調べに対し「弁護士が決まってから話す」と認否を保留しているようです。

強制性交と覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された山内武司容疑者ですが、顔画像とFacebookについて気になっている方が多いようです。

余罪があるという噂や、風俗従業員との関係についても気になりますよね。

そこで今回は、「山内武司新潟市西区の顔画像とFacebook!余罪や風俗従業員の関係は?」と題して記事をまとめていきます。

 

山内武司新潟市西区の顔画像とFacebook!

まずはじめに、新潟市西区に住む山内武司容疑者の顔画像とFacebookについて調査をしていきます。

東京都練馬区の風俗店従業員の女性に覚醒剤を注射して乱暴した疑いのある、山内武司容疑者。

そんな山内武司容疑者の顔画像について、ネット上やSNSなどを使って調査をしていきます。

調査をしていきましたが、どうやらまだ報道では顔画像などは公表されていないようです。

ですが、Facebookなどにもしかしたら顔画像も載っている可能性があるため、Facebookのアカウントについても調査をしていきます。

調査をしていった結果、新潟市在住で同姓同名のアカウントを見つけましたが、断定できる情報などは載っていませんでした。

現時点ではまだ顔画像やFacebookについてはわかっていませんが、今後新たな情報が入ってくることにより、明らかになるかもしれませんね。

 

山内武司新潟市西区の余罪や風俗従業員の関係は?

次に山内武司容疑者の余罪や風俗従業員との関係についても調査をしていきます。

SNSでは山内武司容疑者の余罪に関連する内容は見つからなかったため、次は事件が起こった横浜市鶴見区を関連付けて調査していきます。

ちなみに、山内武司容疑者の住所は新潟市西区となっていますが、事件が起こったホテルは横浜市のため、住民票を変えていないのだと思われます。

ですので、住民票を移していない状態で横浜市鶴見区周辺に住んでいたのでは、との推測が出来ます。

2015年11月には横浜市鶴見区で指定暴力団稲川会系役員の男性が、覚醒剤530万円相当を所持していたという事件が起こっています。

それを踏まえた上で山内武司容疑者と関連付けて調査をしていきましたが、現時点ではまだわかりませんでした。

ですが、こちらに関しても今後新たな情報が入ってくることにより明らかになることもあるかもしれませんね。

次に風俗従業員との関係性についてですが、東京都練馬区の風俗店に勤務をしていたことは現時点で明らかになっています。

これに関してはあくまで推測ですが、常連だったか、あるいは知り合いだったのではないでしょうか。

東京都練馬区から横浜市鶴見区となると、公共交通機関で乗り継ぎをしても1時間半ほどかかります。

そのため出張料金がかかっており、料金も高額になるため山内武司容疑者も初めて呼んだというわけでは無い気がします。

もしくは女性が身バレを防ぐために出稼ぎに出ていた可能性もありますが、今はまだ情報が出ていません。

知り合いだったとしても、形式上は風俗従業員としてホテルまで来ていれば知人女性との報道はされないと思われるため、真実はわかりません。

ですが、今後の取調べで明らかになっていく可能性もあるため、その際はまた記事を更新していきます。

 

まとめ

今回は、「山内武司新潟市西区の顔画像とFacebook!余罪や風俗従業員の関係は?」と題して記事をまとめていきました。

風俗店従業員の女性に覚醒剤を注射して乱暴した疑いのある山内武司容疑者ですが、新潟市西区ではなく、横浜市に住んでいた可能性が高いです。

山内武司容疑者について、顔画像やFacebookを調査していきましたが、結果として、断定できる情報は見つかりませんでした。

余罪や風俗従業員との関係についても、報道されている情報がまだ少なく、ネット上でも関連する事柄があまり出てきませんでした。

今回覚醒剤を打たれてしまった女性は、その影響で自分の意思とは別に中毒症状に陥ってしまうかもしれません。

一度の注射でも人生を壊してしまう可能性があるほど恐ろしい覚醒剤。

そんなものに自ら手を出す人間もどうかとは思いますが、無理矢理注射されてしまった方の事を思うと、なんともいたたまれない気持ちになります。

全国でも薬物所持や乱用による事件は多発していますが、無害の人が被害を受けたりする事が無くなってくれることを祈りたいですね。