山下隼翔の姫路市の高校はどこ?死因はいじめ?

2022年7月18日、海岸で「友人が海に落ちて溺れている」と警察に通報がありました。

現場は兵庫県姫路市白浜町にある海水浴場近辺の海岸で、溺れていたのは15才の男性でした。

男性は救助されましたが、心肺停止の状態で病院に搬送され死亡が確認されています。

死亡したのは兵庫県姫路市に住む山下隼翔(はやと)さんで、山下さんは当時地元の友人ら男女7人と海岸で花火をする予定だったそうです。

事故の被害者となった山下さんは15才といういうことで高校1年生ということになるでしょう。

そこで高校はどこなのか気になりますね。

また、事件性を示唆するコメントを母親らしき人物が残しています。

どうやらその人物はいじめを疑っているようです。

果たして死因はいじめなのでしょうか。

そこで、今回は「山下隼翔の姫路市の高校はどこ?死因はいじめ?」と題して、記事をまとめていきます。

 

山下隼翔の姫路市の高校はどこ?

山下隼翔さんが通っていたとみられる姫路市の高校はどこなのでしょうか。

調査しましたが、高校はまだわかっていません。

姫路市内の高校を検索したら15校程度ヒットしましたので、特定もかなり難しいでしょう。

ネット上で山下さんの通っていた高校の名前が出回っていましたが、虚偽である可能性も高いため名前は伏せさせていただきます。

高校に関する新たな情報がありましたら記事を更新いたします。

 

山下隼翔の死因はいじめ?

山下隼翔さんの死因はいじめなのでしょうか。

山下さんの母親と見られる人物が「通報から1時間以上経っている」「後頭部に怪我があった」などの事件性を疑っているような内容を山下さんのインスタグラムアカウントで投稿しています。(現在は投稿削除済み)

確かにこの投稿から察すれば、今回の事故はいじめが絡んでいるなどの事件性があると考えられますね。

通報から1時間以上というのは、友人が7人いたという点から考えれば少し時間がかかりすぎです。

後頭部に傷があるのも、溺れてできた傷ではないと考えるのが妥当でしょう。

溺れる前に、暴力を振られていた可能性があります。

他にもインスタのストーリーに山下さんが飛び込む姿、周りが煽るシーンが載せられていた、所持金が不自然になくなっていた(カツアゲされていた?)という不可解な点が複数見受けられます。

また母親の証言以外にも、事件当日は大雨で花火ができる状況ではなかったという情報もありました。

花火をするというのは嘘である可能性が非常に高く、そうならばなぜそのような嘘をつく必要があったのか疑問です。

これらを踏まえると、山下さんは日頃からいじめられており、いじめの延長線で殺害されたということは大いにあり得ますね。

これらの真相はこれから警察の捜査で浮き彫りになっていくと思われますので、くれぐれもこれらの推察を鵜呑みにしないようにお願いいたします。

より確証が持てる情報がありましたらまた記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「山下隼翔の姫路市の高校はどこ?死因はいじめ?」と題して記事をまとめました。

2022年7月18日、兵庫県姫路市白浜町にある海水浴場近辺の海岸で「友人が海に落ちて溺れている」と警察に通報がありました。

溺れていたのは15才の山下隼翔さん。

山下さんは救助されましたが、心肺停止の状態で病院に搬送され死亡が確認されています。

山下隼翔さんが通っていたとみられる姫路市の高校はまだわかっていません。

姫路市内の高校を検索したら15校程度ヒットしましたので、特定もかなり難しいでしょう。

山下さんの母親と見られる人物が「通報から1時間以上経っている」「後頭部に怪我があった」などの事件性を疑うような内容を山下さんのインスタグラムアカウントで投稿しています。

通報から1時間以上というのは、友人が7人いたという点から考えれば少し時間がかかりすぎですし、後頭部に傷があるのも、溺れてできた傷ではないと考えるのが妥当でしょう。

インスタのストーリーに山下さんが飛び込む姿、周りが煽るシーンが載せられていた、所持金が不自然になくなっていた、事件当日は大雨で花火どころではないという不可解な点が確認されています。

これらを踏まえれば、いじめが原因で殺害されたという可能性は捨てきれません。