山科順山形市のフェイスブックインスタは?ツイッターSNSを徹底調査!

2022年4月24日、山形県と宮城県にまたがる蔵王山の山頂付近にある「御釜」で会社員の山科順さん(30)が死亡した事故が話題となっています。

事故状況は、知人と周辺の残雪の斜面でスキーをしており、凍っていた御釜の湖面上を滑ろうとして、割れた氷の間から水中に転落したとみられます。

ただ、御釜周辺は噴火が起きると危険なため立ち入りが規制され、近づかないよう伝える看板や転落防止の柵が設けられていたようです。

山形市桜田西の会社員・山科順さんはどのよな人物なのかフェイスブックやインスタ、ツイッターのSNSについて気になりますよね。

そこで、「山科順山形市のフェイスブックインスタは?ツイッターSNSを徹底調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

山科順山形市のフェイスブックは?

山科順さんのフェイスブックについて調べみました。

調べてみたところ、同姓同名のアカウントを見つけることができませんでした。

しかし、山科順さんは30歳であることから、フェイスブックを行っていてもおかしくはないのではないでしょうか。

 

山科順山形市のインスタは?

また、インスタについて利用していたか調べてみました。

すると、同姓同名のアカウントがあることがわかりました。

さらに、インスタを見てみるとプロフィール画像にスキーをしている写真を掲載しています。

そして、投稿している画像には、蔵王でスキーをしている写真もあることがわかり、本人のアカウントである可能性が高いと思われます。

ただ、同姓同名の別人である可能性もあるため、断定することはできません。

今後、報道などでインスタの画像を引用される可能があれば、特定できると思われます。

そのため、引き続き調査し、新しい情報がわかり次第掲載いたします。

 

山科順山形市のツイッターは?

そして、ツイッターも行っていたか、調べてみました。

しかし、ツイッターには同姓同名のアカウントがありませんでした。

ただ、山科順という本名ではなく、ニックネームで行っていた可能性もあります。

 

山科順山形市のSNSは?

今回調べたSNS以外でも山科順があるのか調べてみました。

その中で、YouTubeで同姓同名のアカウントがあることがわかりました。

ただ、動画は上げておらず、本人のアカウントと断定することができませんでした。

また、TikTokでは同姓同名はありませんでした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「山科順山形市のフェイスブックインスタは?ツイッターSNSを徹底調査!」と題して記事をまとめてみました。

2022年4月24日、山形県と宮城県にまたがる蔵王山の山頂付近にある「御釜」で会社員の山科順さん(30)が死亡しました。

そこで、山形市桜田西の会社員 山科順さんのSNSについて調べてみました。

フェイスブックやツイッターでは同姓同名のアカウントはありませんでした。

しかし、インスタでは同姓同名のアカウントがあり、蔵王でスキーをしている画像などあることがわかりました。

今回、事故が起きたのも蔵王であることから、本人のアカウントである可能性が高いですが、同姓同名の別人である可能性もあるため、断定することはできません。

そのため、引き続き調査し、新しい情報がわかり次第掲載いたします。