山手線駅員ブチ切れ動画は誰?暴言と恫喝社員の特定は?

7月4日午後8時ころ、JR山手線の渋谷駅構内で、駅員が乗客に激昂している動画が5日にSNS上で拡散され話題となっています。

内容は、4万円が入った財布を線路内に落としたため、非常停止ボタンを押した乗客に激昂している駅員の動画です。

この動画について、SNS上では駅員の乗客へ対する態度の批難や、駅員に共感している人などさまざまな反応がありました。

山手線駅員ブチ切れ動画について、一体誰なのでしょうか。

また、暴言と恫喝をした社員の特定はされているのでしょうか。

今回は「山手線駅員ブチ切れ動画は誰?暴言と恫喝社員の特定は?」と題して調べてまとめていきたいと思います。

 

山手線駅員ブチ切れ動画は誰?

山手線ブチ切れ動画の駅員はどんな人物なのでしょうか?

調べてみましたが、駅員に関する情報は見つかりませんでした。

しかし、財布を落とした乗客に対し、すぐに対処出来ない旨を説明し注意していたとのことです。

その後乗客は、線路内に身を乗り出したり、降りようとするなど危険な行為を繰り返し、何度も制止されていたようです。

またSNS上では、動画撮影より前に、駅員に対し「何やってんだよノロマ!早く取れよ」「そんなんだから給料安いんだろ」などと乗客が暴言を言いたい放題だったとの情報も出ています。

背景を考えると駅員がブチ切れてしまう気持ちもわかる気がしますね。

 

山手線駅員暴言と恫喝社員の特定は?

山手線の暴言と恫喝をした駅員について特定されているのか調べてみました。

動画を確認しましたが、体の一部分しか写っておらず動画から特定できる情報はありませんでした。

現在わかっている情報は、この駅員は渋谷駅で勤務する人物ということだけです。

この件について、山手線を管轄しているJR東日本は「危ない場合に強く制止するという対応はとっている」と説明しているので、今後この駅員について公表されるようなことはない可能性が高いと推測されます。

 

まとめ

4日午後8時頃、JR山手線の渋谷駅構内で、駅員が乗客に激昂している動画が5日にSNS上で拡散されて話題になっていました。

内容は、現金4万円が入った財布を線路内に落としたため、非常停止ボタンを押した乗客に対し激昂する駅員の動画でした。

この駅員について気になった方も多かったのではないでしょうか。

山手線駅員ブチ切れ動画は一体誰なのでしょうか。

また、暴言と恫喝をした社員の特定はされているのでしょうか。

そこで今回は「山手線駅員ブチ切れ動画は誰?暴言と恫喝社員の特定は?」と題してまとめました。

いかがでしたでしょうか。

賛否両論はありますが、山手線を止めることで大勢の方に迷惑がかかることや損害を考えると駅員の気持ちもわかる気がしますね。