山本コウタローが結婚した妻は吉田真由美?子供の名前や顔画像は?

  • 2022年7月15日
  • 2022年7月15日
  • 訃報

2022年7月15日に、シンガーソングライターの山本コウタローさんが同月4日に脳内出血で死去してたことを公式ホームページが発表しました。

山本さんはフォークグループ「ソルティー・シュガー」のメンバーとして活動し、1970年に「走れコウタロー」がヒットして日本レコード大賞・新人賞を受賞するなど歌手として輝かしい実績を残しています。

そんな山本さんが死去したことを受け、世間では今、山本さんが結婚した妻は吉田真由美さんではないかと話題となっています。

でしたら、子供の名前や顔画像も気になりますね。

そこで、今回は「山本コウタローが結婚した妻は吉田真由美?子供の名前や顔画像は?」と題して、記事をまとめていきます。

 

山本コウタローが結婚した妻は吉田真由美?

山本コウタローさんが結婚した妻は吉田真由美さんでしょうか。

調査した結果、吉田さんとは事実婚という形をとっていたことがわかりました。

吉田真由美ってどんな人?

吉田さんは1949年生まれの富山県出身で、目がぱっちりしている明るそうな女性です。

日本大学芸術学部映画学科を卒業、映画評論家とDJの仕事をされています。

映画評論の仕事は1969年から始めています。

1984年から「自然食というライフスタイル」を実践し「エコおばさん」と自称しているそう。

自然食は病気がちだった吉田さんを労って、山本さんが始めたそうです。

1990年代末には手書き原稿を提出する映画評論家の1人となり現在に至ります。

 

山本さんと吉田さんはラジオで1971年か1978年まで放送された「パック・イン・ミュージック」という同じ番組を担当していたことで出会ったようです。

結婚の話が出ると吉田さんの方から「結婚はせずに夫婦別姓でいきましょう」という婚姻届を出さない事実婚の提案をされました。

正式に結婚してしまうと夫である山本さんに不利益が生じそうだと考えた上での決断だったのでしょうか。

また、事実婚ではありますが、1975年1月に結婚式を挙げています。

結婚式の仲人は吉田拓郎さん、四角佳子さん夫妻が努めてくださいました。

結婚式の参列者も、当時のフォーク界を代表するそうそうたる面々だったようです。(かぐや姫、井上陽水さんなど)

あくまでも「事実婚」でしたが、後に山本さん本人も「今となってはそれでよかった」とおっしゃってたそう。

いろいろな結婚の形がありますね。

 

山本コウタローの子供の名前や顔画像は?

山本コウタローさんには子供がいるのでしょうか。

いるとしたら、名前や顔画像が気になりますね。

調査しましたが、子供に関する情報は出ていませんでした。

前述しましたように、山本さんと吉田さんは「事実婚」という形を取りましたので、婚姻届は提出しておらず厳密には夫婦ではありません。

事実婚で子供ができれば、親権は全て母親にあることになりますので、父親になる山本さんには色々と不利が生じます。

よって、子供は授かっていないか、あるいは授からなかった可能性が非常に高いです。

公式サイトの訃報のコメントをしてるのが親族という点から考えても子供はいなかったと考えるのが自然でしょうね。

子供に関しての情報がありましたら記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「山本コウタローが結婚した妻は吉田真由美?子供の名前や顔画像は?」と題して記事をまとめました。

2022年7月15日に、シンガーソングライターの山本コウタローさんが同月4日に脳内出血で死去してたことを公式ホームページが発表しました。

山本さんは日本レコード大賞・新人賞を受賞するなど歌手として輝かしい実績を残しています。

山本さんは映画評論家でDJの吉田真由美さんとの間で事実婚という形をとっていたらしいです。

山本さんと吉田さんはラジオで1971年か1978年まで放送された「パック・イン・ミュージック」という同じ番組を担当していたことで出会い、吉田さんの方から「結婚はせずに夫婦別姓でいきましょう」という婚姻届を出さない事実婚の提案をされました。

山本コウタローさんの子供に関する情報はありませんでした。

山本さんと吉田さんは「事実婚」という形を取りましたので、厳密には夫婦ではないので、子供は授かっていないか、あるいは授からなかった可能性が非常に高いです。

事実婚で子供ができれば、親権は全て母親にあるので、父親になる山本さんには色々と不利が生じるからでしょう。

公式サイトの訃報のコメントをしてるのが親族という点から考えても子供はいなかったと考えるのが自然でしょうね。