山口尚秀のwiki経歴!家族(父,母)や中学高校, 結婚(彼女)は?

8月29日に行われた、東京パラリンピック競泳男子100メートル平泳ぎ(知的障がい)決勝で山口尚秀選手が世界新記録を出しながら見事勝利し、金メダルを獲得した。

初出場で金メダルを獲得ですから、すごいですよね。そんな山口尚秀選手は、一体どのような人物なのでしょうか。

今回は、「山口尚秀のwiki経歴!家族(父,母)や中学高校, 結婚彼女は?」と題して、

山口尚秀選手の経歴や家族についてまとめてみました。

山口尚秀のwiki経歴

名前:山口 尚秀(やまぐち なおひで)

生年月日:2000年10月28日

身長:187cm

体重:85kg

出身:愛媛県今治市

所属:四国ガス

 

山口尚秀選手は、小学校4年生の時からスイミングスクールへ通い始めました。

当初は週1回の障がい児コースだったようですが、2016年に岩手で開催された
全国障害者スポーツ大会への出場を機に、高校1年生から選手コースで週6回の練習に変更しました。

その後は、健常の高校生たちと練習に励み、18歳でWPSワールドシリーズ・オーストラリア大会に出場して国際大会デビューします。

山口尚秀は身長187cmと恵まれた体格で、足のサイズも30cmと大きく、大きい足が繰り出すキックが伸びのあるストロークを生んでいます。

 

愛媛県今治市の出身で、現在の所属も四国ガスであり、愛媛県を中心に活動している選手です。

山口尚秀の家族(父親、母親)は?

それでは、山口尚秀のプライベートも見ていきたいと思います。

家族構成は、祖父・祖母・父・母・姉・山口選手の6人家族です。

山口家には応援歌があるそうで、それは、SMAPの「世界に一つだけの花」です。

母の由美さんは、「いつも聞きながら泣いていました。“この子、どうなるんだろう?”と思った時に励まされました」と振り返っています。由美さんは、「この子にはこの子なりのペースがある」という考えを子育てのなかで大切にし、山口選手の個性を尊重してきたといいます。

本来はのんびり屋な山口選手がいろんなことに追い立てられていると由美さんは感じているようで、「本人が納得するのは金メダル。喜ぶ笑顔は見たい」と話しながらも「1番になるのが凄いんじゃなくて、あの子にしかない個性や優しさを忘れないように」と葛藤があるようです。

 

そんなお母さんにのびのび育てられて、金メダル獲得につながったんですね。

しかも、今回のパラリンピックのメダルプレゼンターでは、稲垣吾郎さんが登場しました。

山口尚秀の出身中学校や高校は?

山口尚秀選手の学生時代はどのような生活だったのでしょうか。

山口選手の出身校は、今治特別支援学校です。今治特別支援学校は、愛媛県今治市にある公立特別支援学校です。

小学校から高校までの一貫校で、山口選手はこの学校で小学校、中学校、高校生活を過ごしていました。

山口尚秀選手が知的障害を伴う自閉症と診断されたのは3歳の頃。

会話する能力や言語力が年齢相応と比べて未熟であり、コミュニケーションが難しく、母の由美さんは、子供の頃は公園で他の子どもを押しのけたり、パニックを起こすことがあったと話しています。

そのため、由美さんは小学校から少人数で支援を受けられる特別支援学校を選んだそうです。

小学4年生の時から水泳を始めた山口選手は、現在パラリンピックでメダルを獲得するほどの選手となりました。山口選手は、水泳とともに成長しているのだと思います。

 

山口尚秀は結婚してる?彼女は?

そんな山口尚秀選手ですが、結婚をしたり彼女はいるのでしょうか?

こちらで調べたところ、山口尚秀選手は現在ご結婚されておらず、現在独身のようです。また、彼女がいるという情報も見つけられませんでした。

 

山口選手は会話が苦手なようで、家庭内でも自分の心情をめったに言葉として発しないそうです。そのため、ご家族以外で親密な関係の女性はいないのではないかと考えています。

 

大きな成績を今回のパラリンピックで残したことから、今後人と接する機会が大きく増えると考えられます。その中で、運命の人が見つかることを願っています。

 

ネットの反応

国民
見ていました!
とても素晴らしい泳ぎでした。
お母様も喜んでいらっしゃいますね!
国民
道程は長いでしょうしお母様の揺れる思いもいかばかりかと思います。ご家族から学ぶことや胸に響くものがあります…。おめでとうございます。
国民
まだまだ計り知れない伸びしろがありそうだし、本当に見事であっぱれです。
おめでとうございます!!
国民
表彰式での様子、立ち姿、綺麗なお辞儀、インタビューの内容など、どこを取っても好青年ですね! 良いご家庭で育った青年なのだろう感じながら拝見していました。本当におめでとうございます!
国民
山口選手、そしてご家族の皆様おめでとうございます。小6のー我が子も同じ障害です。子どもを信じることの大切さを学びました。子育ては正直辛いことの方が多いですが、また明日から頑張っていこうと思わせられる素晴らしいレースでした。
国民
おめでとうございます。インタビューを観ましたが、好青年とはこの事なんだな、と思いました。