山上徹也の出身大学はどこ?高校や学歴も調査!

2022年7月8日、午前11時ごろ、山上徹也容疑者(41)が奈良県にある近鉄「大和西大寺駅」付近で街頭演説をしていた安倍晋三元首相を銃撃し、現行犯で逮捕されました。

安倍元首相はその後、ヘリコプターで救急搬送されましたが、午後5時過ぎ、病院で死亡が確認されました。

山上容疑者は「特定の団体とつながりがあると思い込んで犯行に及んだ」と供述しているそうです。

山上徹也容疑者とは一体、どのような人物なのでしょうか。

山上徹也容疑者の出身大学はどこなのでしょうか。

また、高校や学歴も気になります。

そこで「山上徹也の出身大学はどこ?高校や学歴も調査」と題して、記事をまとめていきます。

 

山上徹也の出身大学はどこ?

山上徹也容疑者の出身大学はどこなのでしょうか。

「山上徹也 大学」と検索すると、検索結果の一番上に「群馬大学」の名前が出てきます。

しかし、こちらの群馬大学准教授である山上徹也さんは同姓同名の別の人物であることが既に分かっているため、決して間違いのないよう気を付けましょう。

その他を調べていくと、匿名サイト上で山上容疑者は同志社大学理工学部出身ではないかとの書き込みを発見いたしました。

同志社大学といえば、京都府にある大学として有名です。

同志社大学理工学部の偏差値を確認するとおおよそ60前後といったところでした。

しかし、こちらの情報は匿名サイトに書き込まれたものであり、根拠となる情報元や出身大学に関する報道がまだないため、確証がありません。

現在報道で確認できることは、山上容疑者は2002年から2005年までの3年間、任期付きの海上自衛隊に所属していたということです。

また、山上容疑者の高校卒業が1999年であることが分かっているため、高校卒業から海上自衛隊に所属するまで3年間空白があるということになります。

よってこの期間で少なくとも4年生の大学を卒業していないことが確認できるかと思います。

大学を中退したかあるいは、2年制か3年制の専門学校へ通っていた、もしくは高校卒業後は進学していなかった可能性も考えられますね。

未だ報道が出ていないので、推測になりましたが、今後明らかになっていくのかもしれません。

 

山上徹也の高校はどこ?

山上徹也容疑者の出身高校はどこなのでしょうか。

毎日新聞の記事によると、山上容疑者の生い立ちについて「高校時代は、奈良市の南に隣接する奈良県大和郡山市の県立高校に通った。」とあります。

また、「山上容疑者は高校時代、3年間応援団に所属し、おとなしい性格だったという。」とも書いてあります。

奈良県大和郡山市の県立高校を調べると、2校あることが分かりました。

奈良県立郡山高等学校と奈良県立大和中央高等学校です。

さらに、3年間応援団に所属していたという情報に着目し、この2校を調べたところ、奈良県立郡山高等学校には応援団がありましたが、奈良県立大和中央高等学校には存在しませんでした。

なので、山上容疑者が奈良県立郡山高等学校に通っていたのではないかと推測されます。

奈良県立郡山高等学校は1893年に創立された奈良県内の公立高等学校の中で最も古い歴史を持つ高校で、偏差値は68と、頭の良い高校であることが分かります。

高校名が報道されていないため、あくまで推測ですが、信憑性は高いように思えます。

 

山上徹也の学歴は?

山上徹也容疑者の学歴はどうでしょうか。

前述の通り、高校を1999年に卒業し、2002年より海上自衛隊に任期制自衛官として3年間所属していることが分かっています。

読売新聞によると、期限付きで雇用される任期制自衛官は、銃の構造や扱い方の教育を受けるほか、1年に1回程度、小銃の実弾射撃訓練にも参加するそうです。

また、その過程で、銃の整備に必要な分解や組み立てなども行うらしいです。

その過程で手製の銃の作り方を学んだのでしょうか。

山上容疑者は2002年8月に佐世保教育隊(長崎県)に入隊。

同年12月からは護衛艦「まつゆき」の乗組員として、艦載武器を取り扱う砲雷科に配置されました。

2004年4月から第1術科学校(広島県江田島市)の練習船勤務を経て、2005年8月に任期満了で退職しました。

在籍時の処分歴や問題行動は確認できていないそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「山上徹也の出身大学はどこ?高校や学歴も調査!」と題して、記事をまとめてみました。

2022年7月8日、山上徹也容疑者(41)が奈良県にある近鉄「大和西大寺駅」付近で街頭演説をしていた安倍晋三元首相を銃撃し、現行犯で逮捕されました。

山上徹也容疑者とは一体、どのような人物なのでしょうか。

山上容疑者の出身大学を調べましたが、分かりませんでした。

しかし、現在の年齢やその他の情報から大学を中退、もしくは大学へ進学していない可能性もあることが推測されます。

出身高校は、ニュース記事によると「奈良県大和郡山市の県立高校に通った。」とありました。

そこから推測すると、奈良県立郡山高等学校ではないかと思われます。

しかしこちらも、あくまで推測に過ぎません。

山上容疑者の学歴は、2002年より海上自衛隊に任期制自衛官として3年間所属していることが分かっています。

自衛隊訓練の過程で、銃の整備に必要な分解や組み立てなども行うらしいです。

在籍時の処分歴や問題行動は確認できていないそうです。