山上徹也の統一教会トップや幹部は誰?名前や顔画像も調査!

2022年7月8日に奈良県にて選挙演説をしていた安倍晋三元首相が銃撃をされ、死亡したという信じられないような事件が発生しました。

殺人未遂の容疑で逮捕されたのは山上徹也容疑者41歳で、事件当時は逃走を試みましたがすぐその場に取り押さえられ、拘束されました。

山上徹也容疑者は犯行の動機として、「特定の宗教団体」という名前を挙げていましたが、現代ビジネスにて全貌が明らかになりました。

それは統一教会という団体で、安倍元首相が統一教会と親しい関係なのではと思い、犯行に至ったと供述をしているようです。

そんな統一教会のトップや幹部は誰なのか、名前や顔画像についても皆さん気になっていますよね。

そこで今回は「山上徹也の統一教会トップや幹部は誰?名前や顔画像も調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

山上徹也の統一教会トップや幹部は誰?

まずはじめに、山上徹也容疑者が憎んでいると思われる統一協会のトップや幹部が誰かについて、細かく調査をしていきます。

ちなみに、ここで紹介している統一教会というのは旧称で、現在は「世界平和統一家庭連合」と名乗っています。

ではここから、統一教会のトップや幹部は誰なのかについて調べていく事とします。

統一教会は、文 鮮明(ムン・ソンミョン)氏が設立をしたのですが、2012年に亡くなっていることが明らかになっています。

報道では、統一教会の名前も特定の宗教団体と濁しており、トップや幹部が誰なのかも報じる気はないようです。

ですが独自の調査によって、現在はその妻である女性がトップだという真実に辿り着きました。

ですので、次の見出しではそのことについて、詳しくご紹介させていただきます。

 

山上徹也の統一教会トップや幹部の名前や顔画像は?

前見出しでもあったように、ここからは統一教会のトップや幹部の名前や顔画像について、調査結果をご紹介させていただきます。

先程もご説明させていただいたように、創立者の文 鮮明(ムン・ソンミョン)氏は亡くなっており、その妻である女性がトップに立っています。

現在、統一教会のトップを務めているのは韓 鶴子(ハン・ハクチャ)氏という事がわかっており、顔画像についても公表されています。

それがこちらです。

ですが、2022年7月8日に韓 鶴子氏は来日をしていなかったため、山上徹也容疑者の言っているのは別の人物だという可能性があります。

そこで統一教会の幹部について名前や顔画像を特定するために調査をしていきましたが、ある噂を耳にしました。

それは、韓 鶴子氏の七男である人物が来日をしていて、本当のターゲットだったという噂です。

このことについては不確定情報ですし、恐らく報道規制されて真実を伝えられることはないと思われますので、ここでも名前は伏せさせて頂きます。

顔画像についても同一の理由で今回は掲載を控えさせていただきます。

団体名についても報道番組では隠していたため、恐らく隠蔽したい理由もあるのでしょう。

そのことが公表されることによって不利益となる立場の人物もいれば、会員たちの信用も無くなってしまいかねないからでしょうね。

日本国では、信仰の自由というのが法律で決まっていますが、行き過ぎてしまうとこのような惨事を招いてしまうという事がわかりました。

結果として、統一教会のトップは韓 鶴子氏、幹部に関しては、断定が出来ないという調査結果となりました。

この一件について報道では恐らく公表されないと思いますが、週刊誌などが暴露をする可能性はあります。

その際などは公になっている真実を皆様にお伝えさせていただければと思っています。

関連記事

安部元首相が、2022年7月8日午前11時半ごろに奈良の近鉄大和西大寺駅前で街頭演説を行っていたところ、銃で撃たれ、搬送先の病院で午後5時3分に亡くなられました。犯人は山上徹也(やまがみてつや)で、41歳、撃ったのは手製の銃であった[…]

 

まとめ

今回は、「山上徹也の統一教会トップや幹部は誰?名前や顔画像も調査!」と題して記事をまとめていきました。

統一教会に強い恨みを持っており、親しい関係にあったであろう安倍元首相を射殺し、自身の復讐をしようとした山上徹也容疑者。

この記事では、特定の宗教団体として伏せられていた統一教会のトップや幹部が誰なのかについて調査をしていきました。

関連した事柄を調査していくと名前や顔画像についての情報も一部ではありますが、出てきました。

現在統一教会のトップに就いているのは韓 鶴子氏だという事がわかり、顔画像についても特定が出来ました。

統一教会の幹部に関しては断定できる情報ではなかったため、この記事では可能性のある人物の名前や顔画像についても伏せさせていただきました。

日本ではないと言われていた様な大事件が起こってしまった以上、宗教関係との関係についても世間は目を向けないといけないのかもしれませんね。