山上徹也の兄の死因は?病気病名も調査!

2022年7月8日に奈良市の駅構内で安倍首相を殺害したとして逮捕された、山上徹也容疑者の兄について現在注目が集まっています。

山上徹也容疑者は、家庭をめちゃくちゃにした団体を安倍氏が国内に広めたと思って狙った、と動機を述べていますが、兄は既に亡くなっています。

報道でも統一教会に恨みを持っていることを表明している山上徹也容疑者ですが、兄が亡くなってしまった事も犯行に関係しているのかもしれません。

そんな山上徹也容疑者の兄について、死因や病気、病名について気になっている方が非常に多いようです。

そこで今回は、「山上徹也の兄の死因は?病気病名も調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

山上徹也の兄の死因は?

まずは、山上徹也容疑者の兄の死因について、調査をしていく事としましょう。

ちなみに、山上徹也容疑者の兄は1979年生まれで、2015年11月に36歳で亡くなっている事が現時点で明らかになっています。

そこでSNSやネット上を調査して、山上徹也容疑者の兄について、死因を調べていきました。

実は、山上徹也容疑者の兄の死因については、既に報道で明らかになっており、父親と同じだった自〇だとわかっています。

統一教会の事や病気の影響で将来を悲観して亡くなったという事が報じられていました。

兄の事を慕っていた山上徹也容疑者は葬儀の際、「なんで兄ちゃん死んだんや」と人目をはばからず、泣いていたそうです。

兄の事を、唯一理解してくれる家族と信じて慕っていた山上容疑者にとって兄の死はとても重かったんでしょうね。

自身も過去に自〇未遂をしており、その際は生命保険の受取人を母から兄に変えて兄と妹を助けようとしていたこともわかりました。

意識が遠ざかる中、山上容疑者自身が救急車を呼んだことで一命をとりとめて助かりましたが、まさか兄が亡くなるとは思ってもみなかったでしょう。

山上容疑者同様、壮絶な人生を送ってきたと思われる山上容疑者の兄ですが、次の見出しでは、病気や病名についても詳しく調査していきます。

 

山上徹也の兄の病気病名は?

前見出しでもあったように、ここからは山上容疑者の兄の病気、病名について詳しく調査をしていこうと思います。

病気や統一教会の事を苦にしており、将来に悲観して自〇をしてしまった山上容疑者の兄。

SNSやネット上の関連する事柄を調べていく中で、山上容疑者の兄の病気について有力な情報を入手することが出来ました。

調査結果によって、山上容疑者の兄は病気を患ったことにより、右目の視力を失っていたということがわかりました。

そして病名についても、小児癌だったということが明らかになりました。

そんなハンディキャップがありながらも、山上容疑者の兄は野球をやっており、サウスポーとして良いボールを投げていたそうです。

元々運動神経が良かったそうで、クラスメイトの証言により山上容疑者もバスケの試合で活躍するなど運動神経が良かったことがわかりました。

しかし兄は野球の練習中にボールが当たってしまい、左目まで見えなくなってはいけないという理由で、母に野球を辞めさせられてしまいます。

小児癌という病気と闘いながらも打ち込むことができた野球というスポーツは兄にとって、生きがいになっていたのかもしれませんね。

その後は母親が兄の救いも統一教会に求めたことで、どんどんのめり込んでいってしまい、最終的に自己破産するほどまで追い込まれてしまいました。

 

まとめ

今回は、「山上徹也の兄の死因は?病気病名も調査!」と題して記事をまとめていきました。

唯一、信頼していた家族であり、病気を背負いながらも必死に生きてきた兄の存在は、山上徹也容疑者にとってとても大きかったのでしょう。

この記事では山上徹也容疑者の兄について、死因や病気、病名に関して詳しく調査をしていきました。

結果としてわかった事をまとめていくと、死因に関しては父親と同じ自〇だったことが明らかになっています。

病気や、統一教会の事が苦になり重くのしかかった事で将来を悲観して、亡くなってしまいました。

病気、病名についても、右目の視力を失っていたことがわかり、病名に関しても小児癌だという事がわかりました。

山上徹也容疑者に関しても兄に関しても壮絶な人生を送ってきており、苦難を乗り越えてきたという事が明らかになりました。

ですが、それが理由だとしても人を殺してしまう事は絶対にいけないことですし、決して許されてはいけないでしょう。

取り返しのつかない事をしてしまった山上徹也容疑者は獄中の中で何を考えているのかはわかりません。

兄を失った事で理性が崩壊していった山上徹也容疑者は、精神鑑定にかけられるほどの精神状態に陥っているようです。

刑事責任能力が無いとみなされた場合は、心神喪失者という判断になり無罪という事も考えられますが、国民は許せないでしょう。

それほどまでに、日本国が失った安倍元首相の存在は大きく、かけがえのない人だったのではないでしょうか。

山上徹也容疑者の兄について、この記事ではまとめさせていただきましたが、また新たな情報が入り次第、他の記事も書いていこうと思います。