矢嶋真澄の勤務先のクリニックはどこ?訪問診療を顔画像付きで紹介!

2021年12月23日、SPA!が報じた医療従事者による詐取事件が話題となっています。

矢嶋真澄被告が、当時勤務していた訪問診療専門クリニックで在宅診療をしたと偽って診療報酬を詐取していたというのです。

経理を担当する理事を性的に支配し、詐欺、横領へと突き進んでいったこともわかっています。

一体、矢嶋真澄被告が勤務していたクリニックはどこなのしょうか?
立川市の訪問診療が気になります。

そこで「矢嶋真澄の勤務先のクリニックはどこ?立川市の訪問診療を調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

>>共謀した飯島容疑者(被告)についてはこちらをご確認ください。

矢嶋真澄の勤務先のクリニックはどこ?

矢嶋真澄氏は、立川市の医療法人・Sの関連クリニックの理事で、事務方のトップだった飯島聡介と共謀して、在宅診療をしたと偽って診療報酬を詐取していたことがわかっています。

捜査関係者によると逃亡生活をスムーズにするためか、籍を抜いて名字を矢嶋から志賀に変え、志賀真澄として生活していたといいます。

裁判上では診療報酬を詐取した件が裁かれて、被害者は国民健康保険連合会ということになっています。

しかし、最大の被害者は我々クリニック側であると矢嶋真澄氏が勤務していた訪問診療専門クリニックの現・事務局長で、上部組織である医療法人Sの理事を務める菊池拓也氏が語っています。

2021年2月に矢嶋紙が、21年4月には共謀した飯島紙が突如姿を消し、クリニック側が困惑。

その後突然逮捕されたことを知ったと言います。

首謀者二人のせいで、事件に全く関係のないクリニック関係者も事情聴取を受け、コロナ禍で忙しい中で被害を被ったといいます。

クリニックの口座からは最低でも9億円もの大金が流失していることがわかっています。

 

立川市の訪問診療を調査!

矢嶋真澄氏は一体どこのクリニックに勤めていたのでしょうか。

SPA!の報道によると、訪問診療専門クリニックに勤めていたといいます。

「矢嶋真澄」で検索してもわからなかったですが、共謀者である「飯島聡介」について調べたところ、「颯心会」の理事を務めていたことがわかりました。

SPA!ではクリニックの上部組織のイニシャルは「S」と紹介されていたので、合致します。

「颯心会」が運営している訪問診療専門クリニックを調べてみると、あるクリニックがヒットしました。

ただ、確定したわけではないのでここでは個別名は控えさせていただきます。

 

>>共謀した飯島容疑者(被告)についてはこちらをご確認ください。