ウィリアム・ハートの若い頃の画像は?病気や死因も調査!

アメリカ合衆国の俳優で、数々の映画やドラマに出演し活躍された板ウィリアム・ハートさん。

2022年3月13日に、71歳で死去されたと報道されました。

71歳というと、まだまだ活躍できる年齢と思えますが、亡くなられた原因は病気か、別の原因があったのでしょうか。

また若いころのウィリアム・ハートさんの顔画像が気になりますね。

今回は「ウィリアム・ハートの若い頃の画像は?病気や死因も調査!」と題して、ウィリアム・ハートさんのついて調査してきたことを記事にまとめていきます。

 

ウィリアム・ハートの若い頃の画像は?

ウィリアム・ハートさんの若いころの画像を検索してみたところ、上記の画像が見つかりました。

上の画像は1985年にアカデミー主演男優賞を獲得し、一躍有名になった代表作『蜘蛛女のキス』に出演した画像です。

当時35歳頃になりますね。

若いころは目がキラキラしていて、かっこいいですが下の画像の口ひげの生えた50代頃のウィリアム・ハートさんもダンディさが増してステキですよね。

 

ウィリアム・ハートの病気や死因は?

報道によると、直接の死因は明らかにされていませんがウィリアム・ハートさんは前立腺がんという病気を抱えていたことが分かっていますね。

2018年に診断されたとのことですが、当時ウィリアム・ハートさんは68歳頃ですね。

発見されたときにどれくらい進行していたのか、どのような治療をされていたのかはっきりとは分かっていませんが、前立腺がんは治療すれば生存率が高いがんとされています。

ウィリアム・ハートさんのWikipediaには、2018年に見つかったときには骨にまで転移していたとの情報が入っていました。

亡くなられたのは、前立腺がんの合併症によるものだとの記載もあったので、死因は前立腺がんによる合併症ということになりますね。

 

まとめ

今回は「ウィリアム・ハートの若い頃の画像は?病気や死因も調査!」 と題して、記事にまとめてきました。

3月13日にアメリカの俳優ウィリアム・ハートさんが71歳で亡くなられました。

ウィリアム・ハートさんが若いころの顔画像を記事内に載せています。

亡くなられた原因は、病気なのか調査したところ前立腺がんを患っており、2018年に診断されたときにはすでの骨に転移していたとのことです。

前立腺がんの合併症により亡くなられたという情報があるので、おそらく死因は合併症によるものだと考えられます。

ベテラン俳優の死亡は寂しさや心細さを感じますよね。

ウィリアム・ハートさんのご冥福をお祈りいたします。