【画像】和歌山市北部断水の原因何?場所や地域は?現地の状況まとめ|六十谷水管橋

2021年10月3日、和歌山市内北部で断水が生じていて話題となっています。

和歌山市内を流れる紀の川にかかる「六十谷(むそた)水管橋」で上水道の管が破損したためです。

原因や場所(地域)、現地の状況をまとめました。

六十谷水管橋で上水道の管が破損し6万世帯で断水

報道によると…

3日午後、和歌山市内を流れる紀の川にかかる「六十谷(むそた)水管橋」で上水道の管が破損した。市によると、原因は調査中で、復旧の見込みは立っていない。市は同日夜、市内北部の約6万世帯で今後断水が生じる、と発表した。

水管橋を管理する市企業局によると、橋は1975年建設で長さ546メートル。川の南側にある加納浄水場(和歌山市松島)から市北部に上水を供給している。橋脚の上に直径約90センチの水道管が2本通っているが、ともに橋の中央部付近で破損し、一部は川の中へ垂れ下がった。管からは水が川へ流れ落ち続けた。

午後3時45分ごろ、浄水場で異常を検知し、市企業局が午後4時10分ごろ、破損を確認したという。

大阪管区気象台によると、この日、和歌山市内では強い風などは確認されていない。大気の状態も比較的安定していて局地的な突風が起きることは考えづらいという。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/c24953cfc8d7cb6487eadb6e4b5a6c08cf98995f

ネットの反応

国民
役所がやってきたインフラが限界を迎えつつある
使用料や税金から維持管理費を捻出しきれていない
国民
また和歌山市か…
前回の大規模断水の時も酷かったですが、この自治体の水道は深刻ですね
国民
日本で起きた事だとなかなか信じられないですが、人が通る橋ではなくて本当に良かった。
国民
上下水道だけでなく道路も含んだインフラが日本各地で寿命を迎えつつある。結構前から言われ続けてるのに更新が進んでないということが今回の崩落でも目に見えたと思う。
国民

自治体の水道業務を行なっている者です。これから、夜間業務等で多忙になると思いますが、断水等で困られている方の為に頑張って下さい。応援してます。

国民

衝撃映像でした…。生活に関わる事なので、小出しってか決まり次第でも情報は出して欲しいです。

出典:ヤフーニュース

和歌山市北部断水の原因何?

今回の和歌山市内での断水の原因は、和歌山市内を流れる紀の川にかかる「六十谷(むそた)水管橋」で上水道の管が破損したためです。

和歌山市は破損の原因を調査中としていて、復旧の見込みは立っていない状況です。

橋は1975年建設で長さ546メートルあります。

川の南側にある加納浄水場(和歌山市松島)から市北部に上水を供給している。橋脚の上に直径約90センチの水道管が2本通っていますが、橋の中央部付近で破損し、一部は川の中へ垂れ下がってしまいました。

管からは水が川へ流れ落ち続けました。

 

橋が1975年ということで、インフラ設備の老朽化という可能性が高そうです。

 

 

尾花正啓市長「老朽化が落橋につながったわけではない」

和歌山市の尾花正啓市長は10月4日に記者会見を開き、「(耐震化)工事をしたばかり。老朽化そのものが落橋につながったとは考えられない」と述べました。

和歌山市によると、耐震化工事を2015年度に実施したといい、和歌山市の尾花正啓市長は記者会見で「大きい地震が来ても落ちないようにしっかりやっていた」と述べました。
橋は45年以上が経過していますが、「老朽化そのものが落橋につながったとは考えられない」と話したといいます。

考えられる原因については2本並んでいる管のうち北側は完全に切れて落ち、南側はぶら下がった状態だと説明し、「何らかの原因があったのでは」と語った。「落橋防止装置が働いた」とも述べた。

和歌山市北部断水の場所や地域は?

和歌山市HPでは「紀の川以北地域で今後断水する可能性があります」としています。

和歌山市企業局のTwitterでは、断水について言及していません。

和歌山市役所のTwitterでは、紀の川北部地域が断水となると発表しました。

ただ、和歌山市企業局に電話したという方が断水の地域について詳しく情報を発信しています。

 

こちらのマップもわかりやすいです。

六十谷水管橋の破損の影響で市立学校が休校

六十谷水管橋の破損の影響で、紀の川北部地域の市立学校等は、10月4日(月)臨時休業となりました。

【画像】和歌山市北部断水の現地の状況まとめ

 

 

 

 

 

和歌山市北部の断水で買い占めも発生

 

 

和歌山市が給水車を配備【10月4日追記】

読売テレビは紀の川の北側にある和歌山市内の最大約6万戸で、断水が発生するおそれがあると報じました。また、崩落した橋の復旧のめどはたっていない状況です。

和歌山市は10月4日、紀の川の北側にあるすべての市立の学校や幼稚園を休校としました。また、給水車を配備するなど断水への対応を急いでいて、仮設の水道管の整備を合わせて検討しているということです。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref