梅宮辰夫の黒塗り広告の会社は本郷美術骨董館世田谷支店【梅宮アンナ】

2021年10月18日、梅宮アンナさんがインスタグラムで、ある会社の行為に意見を述べていることが話題となっています。

原因となったのは、父親である梅宮辰夫さんの写真がビルの看板の広告で契約終了後も使用されていた上、黒塗りであったからです。

一体、問題の会社とはどこなのでしょうか?

報道の概要

は以下のように報じています。

タレントの梅宮アンナが18日、インスタグラムを更新し、亡き父・梅宮辰夫さんを起用していた街頭のビル看板で、梅宮さんの顔だけが黒く塗りつぶされている衝撃の写真をアップし「余りにも残酷で、余りにも酷い行為に。。。涙が出て」と激怒した。

 アンナは世田谷区内のビルの写真をアップ。ビルの上には看板がかかっているが、そこには顔だけが黒く塗りつぶされた写真がかかっている。アンナは「顔だけ黒く塗られたのは父です」とつぶやき「余りにも残酷で、余りにも酷い行為に。。。涙が出て。。。悲しくて。。」と悔しさをにじませた。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/545ae95a8bbd4f785acb8b6eefff87e6040b42b8

上記のように、梅宮辰夫さんの写真が使われている広告には顔だけが黒く塗りつぶされていたといいます。

この会社と梅宮辰夫さんは生前契約があったようですが、2020年で契約は終了。

ただ、契約が切れているにも関わらず無許可で使用していたというのです。

そして、問題を提起したアンナさんが世田谷区内の看板を見に行ったところ顔だけ黒塗りになった梅宮辰夫さんの看板を見つけたというのです。

 

ネットの反応

国民
大事なお父さんの写真を穢されて、家族の方はどう思うか。「弊社はそれすら配慮できない非常に残念な会社です」と広告を打っているのと同じですね。
国民
差し替える看板の金がなくてこんな事になったんだろうけど、ちょっと良識を疑うね。もっと違うやり方あったろ。
国民
契約が切れたから使用するなと言われて対処したというのなら、看板全体を黒塗りにすれば良いものを何故顔だけ?
国民

対応してくれって言ったら黒く塗り潰したのかな?うーむ。その会社も相当だね。

国民

この会社の近くに行きますが、結構長くお父さん全身写真使われてました。なくなってからも続いてた記憶がある。

国民

やり方がひどいね。
上から全部人のところだけ塗れば良いのに。

出典:ヤフーニュース

黒塗り広告の会社はどこ?本郷美術骨董館世田谷支店と特定

 

一体、梅宮アンナさんが苦言を呈した会社はどこの会社なのでしょうか?
梅宮アンナさんのインスタグラムを調べてみました。
問題の看板がこちらです。

アンナさんが投稿した写真を見てみると、看板に「本郷美術骨董館」と出ているのがわかります。

ただ、本郷美術骨董館は複数の支店があるようです。

現地の場所を調べたところ、看板を出しているのは「世田谷支店」だということが分かりました。

Googleストリートビューは数年前のデータが残っているため、支店の住所を検索してみると、確かに、梅宮辰夫さんの顔写真が使われているのがわかります。

ちなみに住所はこちらです。

世田谷区 瀬田2-20-15
ボンアート瀬田1F

 

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref