生方幸夫の息子や評判+家族(妻)|wiki経歴|拉致被害者発言で炎上

「日本から連れ去られた(拉致)被害者というのはもう生きている人はいない」。

このような無神経な発言をしたのは、立憲民主党の生方幸夫衆院議員。

この発言は、北朝鮮による拉致問題に心を痛めている人々の怒りに火をつけました。

どう考えても無神経なこの発言。

生方幸夫衆議院議員とは、どのような人物なのでしょうか。経歴や評判などをまとめました。

生方幸夫が拉致被害者の問題発言で炎上

産経新聞によると・・・

立憲民主党の生方幸夫衆院議員(比例代表南関東ブロック)が、9月に千葉県松戸市で行った会合で、北朝鮮による日本人拉致問題について「日本から連れ去られた被害者というのはもう生きている人はいない」などと発言したとして、拉致被害者家族会と支援組織「救う会」は11日、発言の取り消しと謝罪を求める抗議声明を出した。声明では「すべての拉致被害者の救出のため心血を注いできた被害者家族、支援者、被害者自身の生命に対する重大な侮辱であり冒涜(ぼうとく)だ」と非難した。

 

発言の経緯をまとめます。

横田めぐみさんの拉致問題についての見解を求められたときに

横田めぐみさんはもう生きていないのではないか。

「生きていたら日本に帰すだろう。」

生きているなら、何かに使うだろうけど、死んでいるから使いようがない

といった発言をし、

拉致されて帰ってこない人はもう生きていない。政治家はそう考えている

と自分だけではなくみんなそう思っているのだと主張。

 

しかしその後、この発言が大炎上。

この炎上をうけて、ようやく発言の取り消しと謝罪が行われました。

発言をしたのは9月23日です。

その発言が不適切なものであると、自覚はなかったのでしょうか。

拉致被害者の会が取り消しを求める声明文発表して始めて、謝罪が行われました。

 

生方幸夫のwiki経歴

  • 名前:生方幸夫
  • 生年月日:1947年10月31日
  • 出身:東京都
  • 当選回数:衆議院6回

生方幸夫衆議院議員は1947年生まれ、もうすぐ74歳になります。

東京都出身で、早稲田大学文学部を卒業。

卒業後は読売新聞社で記者、フリーのジャーナリスト、経済評論家、キャスター、講師(大学)と次々と転身。

1996年に千葉県から初当選を果たし、その後は落選と当選を繰り返しています。

支持層がそんなに厚いわけではなさそうです。

2012年には、環境副大臣を務めています。

 

生方幸夫の結婚や家族(妻、息子)

生方幸夫衆議院議員は、結婚して妻や子ども(息子)がいるようです。

2017年の時点で、息子は選挙活動の応援ができるくらいの年齢には達しているようです。

現在74歳なので、息子どころか孫までいてもおかしくない年齢ですが、これ以上の情報は掴めませんでした。

おそらく奥様が一般の方なのかなと想像されます。

一般の方であれば、情報はあまり公開されませんからね。

 

生方幸夫の評判

生方幸夫氏について、ネット上では以下のような批判のコメントが相次いでいます。

 

国民
だから、立憲民主党の政治家は駄目なんだ!
ましてや、『自民党の議員もそう思っている』って、確認もしていない事を平然と言い放って、自分だけでは無いみたいな言い訳を言い放った!国会議員としてと言うより、日本人として、嫌、人間として最低だ!
これで、次の総選挙でどの政党に投票すべきかは、一目瞭然!
国民
とんでもない外道ですね。自分の家族を引き離された人々がどんな思いをしているか。
以前社会党の土井たか子氏の家族会への侮辱発言を思い出す。
でもマスゴミは産経以外は取り上げないんだろうな。
徹底して家族会も抗議を続けてほしい。
自民党も「自民党の議員もそう思っている」という発言は見逃さないで追及してほしい。
国民
あー言っちゃったよ。
世の中には思っていても言っちゃいけないタブーがある。
ほとんどの国民もそう思っていても、それは攻撃のネタにしかならない。
自民に対する攻撃のネタ探しが立憲民主党の最重要政策なのに、その所属議員が言っちゃ話にならんでしょ。
国民
この発言が何の根拠もない個人的なものならば、国会議員として不適格であり即刻議員辞職しなさい。
何らかの根拠をお持ちなら、枝野代表から立憲民主党の公式見解として公表し、政党としてどう対処していくのかを明示・実行に移すべきだ。
国民
何か裏付けの情報があるならともかく、何のエビデンスもなく自身の想像だけでよくここまで断言できるなと思います。与党と野党、責任を負うものと負わざる者の言葉の重みとはこうも違うものかと改めて認識させられました。
次回の選挙の投票の参考にさせて頂きます。
国民
なんだこいつ。国民の生命を守るのは政治の責任だろうが。例え野党議員と言えども日本の国家から給料を得ている訳だろ。国民の安全を守れずに謝罪するなら分かるが、北朝鮮の言い分を全面的に信任して「生きていない」などとどの口が言うのか。
死亡されている事を日本政府が確認出来るまで、全力で取り組めよ。この問題に関しては、超党派でやれよ、と思う。立憲民主党はこいつを処分しないと、大きなダメージを受ける事になるよ。
出典:ヤフーニュース
この発言を目にした日本国民のほとんどは、強い憤りを感じているようです。

確証もないのに、人の生死を軽々しく口にしてはいけません。

口先だけの謝罪ではなく、発言した言葉の重みをきちんと感じていただきたいものです。

 

生方議員は森喜朗氏が東京オリンピック関連で女性蔑視発言をした際、自身のTwitterで痛烈に批判しました。ただ、今回は自分が発言で炎上をしてしまったわけです。

生方議員は拉致被害者への問題発言に関して謝罪はしましたが、その後でTwitterでブロックをしているようです。

 

 

 

 

 

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref