ウーバーイーツUberEats:ラブレター(手紙)配達員誰?名前+顔画像ID特定は

2021年10月25日、デリバリーサービスのウーバーイーツ(Uber Eats)
で起こったトラブルが報じられて話題となっています。

26日にはテレビのニュースでも取り上げられて注目されています。

一体何があったのでしょうか?また、この配達員は誰なのでしょうか?

報道の概要

J-CASTニュースは以下のように報じています。

「UBER配達員やってる人からのお手紙です」――。

あるツイッターユーザーがデリバリーサービス・Uber Eatsの利用に伴って自らの身に起きた「怖い」体験を明かし、「もう気軽に頼めなくなる」などと注目されている。

 都内在住の若年女性が2021年10月21日、「今日体験した怖い話」としてツイートしたのは、そんなUber Eatsの配達員から届いた手紙。添付画像を見ると、直筆の手紙は「はじめまして、急にお手紙を書いてスイマセン!! 」と書き出され、

「この前UBERの配達をして顔を合わせた程度だけど、気になったのでお声がけしますね!
UBERは仕事が休みの時とか深夜に趣味で走るから、いつも利用してるなら他の人が配達しているから覚えてもらえてないかも;」

などと女性への好意がつづられている。

さらに配達員は、

「気軽に話しかけて消毒こまめにやってた配達員を覚えてくれてたら自分です」
「もしよかったら、一緒に食事に行ったりUBER通さずに配達もしますよw」

と誘い、自身の連絡先を記した(投稿では黒塗り)。「もし無理なら無視して下さい」ともいう。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/704006fce8323bd8dde326b7554855f68ec03a7f

上記のように、ウーバーイーツの配達員が女性に対してラブレター(手紙)を送ったというのです。

被害にあった女性がTwitterで投稿すると一気に拡散。2万7000回以上リツイートされるなど注目されています。

一体、このウーバーイーツの配達員は何者(誰)なのでしょうか?

 

ネットの反応

国民
この時代にとんでもない強心臓の持ち主だなその配達員。手紙も怖いけどそれをTwitterにあげるのも怖い。逆恨みされないといいけど…。
国民
この手紙が怖いのはわかるけど、それをTwitterにアップしちゃうの、もっと怖くない?
もしも本人の目に入ったらと思うと・・・
家知られてるんだしさ・・・
国民
携帯電話がない時代ならロマンティックだと言われたんだろうけど、「怖い」という感情になってしまう・・・・  それだけ人を信用できない、危ない時代になったってことか。
国民

うわあ……これは怖い…
自宅知られてるし、アカウント停止になったことや手紙晒されたことを逆恨みされなきゃいいけど…

国民

確かに不気味ですし気持ちが悪いと思いますよね。自分はウーバーイーツは未だに利用した事がありませんけど、今後も利用しないかな。

国民

改善されることを願います。個人的にはウーバーのリュック持って裏路地にたむろしてるの兄さん達を見て、よう頼む気にならない。

出典:ヤフーニュース

ウーバーイーツUberEats:ラブレター(手紙)配達員誰?名前+顔画像ID特定は

今回問題となった、ウーバーイーツ(UberEats)でラブレター(手紙)を投函した配達員は誰なのでしょうか?

この問題について調べていたところ、被害者がTwitterに投稿したツイートを見つけることができました。

上記のツイートを見ると、報道されたような手紙がアップされているのがわかります。

被害者は配達員の特徴については触れていませんが、ヒントが隠されています。

手紙の中には「マクド」とあります。

マクドナルドのことを指していると思われますが、東日本の人であれば「マクドナルド」あるいは「マック」と言います。

ただ、西日本の人は「マクド」と呼びます。

そのため、この配達員は西日本の人であることがわかります。

被害者の女性は都内在住と言うことなので、この配達員も西日本出身で東京に住んでいると思われます。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref