つりぼり本舗の犯人は誰?募金はあるのかも調査!

2022年8月2日、釣り堀を経営している店で募金箱に入っている現金などが盗まれる事件がありました。

事件があったのは、岐阜県土岐市の釣り堀である「つりぼり本舗」です。

現金の盗難などもそうですが、釣り堀にいた3000匹もの魚の大量死もかなり深刻で、釣り堀の店長が悲しみを訴えています。

どうやら、いけすのろ過機能などをつなげている配線が切られて、酸素が魚に供給できなくなり大量死につながったようです。

一体、釣り堀に侵入した犯人は誰なのでしょうか。

また、今回の事件の被害者である店長に同情する人も多く、募金はあるのか気になる人も多いようです。

そこで、今回は「つりぼり本舗の犯人は誰?募金はあるのかも調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

つりぼり本舗の犯人は誰?

つりぼり本舗の犯人は誰なのでしょうか。

店内の配線が切られていたことから察するに、犯人は防犯カメラの配線を狙って切ったと考えられます。

ということはかなり計画的な犯行ではないでしょうか。

お店の下見をしていた可能性をあるので、近くに住んでいる人物が関与していると考えることもできます。

現金は募金箱の中のものしか盗んでおらず、WiFiルーター、防犯カメラのハードディスクなどの備品が盗まれていることから犯行目的はだたの嫌がらせだったのでしょうか。

あるいは、備品を転売する目的で盗んだとも考えられます。

犯人に関する新たな情報がありましたら記事を更新いたします。

 

つりぼり本舗の募金はある?

つりぼり本舗への募金はあるのでしょうか。

調査しましたがまだそういった情報は見つかりませんでした。

SNS上では、WEB上の募金サービスの「クラウドファンディング」で募金できないのかといった声が上がり始めています。

もしかすると、今後クラウドファンディングでの募金がはじまるかもしれませんね。

もしもそのような情報がありましたらまた記事を更新していきたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「つりぼり本舗の犯人は誰?募金はあるのかも調査!」と題して記事をまとめました。

2022年8月2日、岐阜県土岐市の「つりぼり本舗」で募金箱に入っている現金などが盗まれる事件がありました。

現金の盗難などももそうですが、いけすのろ過機能などをつなげている配線が切られて、酸素を得ることができなくなり釣り堀にいた3000匹もの魚が大量死したのもかなり深刻で、釣り堀の店長が悲しみを訴えています。

店内の配線が切られていたことから察するに、犯人は防犯カメラの配線を狙って切るなどして計画的に犯行を行ったと考えられます。

お店の下見をしていた可能性をあるので、近くに住んでいる人物が関与していると考えることもできますね。

犯行目的はだたの嫌がらせ、あるいは転売する目的で備品を盗んだというものが考えられます。

つりぼり本舗への募金の情報はまだありません。

SNS上で、WEB上の募金サービスの「クラウドファンディング」で募金できないのかといった声が上がり始めていますので、今後クラウドファンディングでの備金がはじまるかもしれません。