東急東横線で線路陥没の場所や地図はどこ?原因や理由を徹底調査!

2021年12月13日午後2時44分頃、東急東横線の元住吉-日吉駅間で、線路内に小さな陥没が見つかったという事態が話題となっています。

この影響で、同線は武蔵小杉―菊名駅間の上下線、目黒線も武蔵小杉-日吉駅間の上下線で運転を見合わせています。

一体、東急東横線で線路陥没の場所はどこなのでしょうか?

また、原因や理由も気になりますね。

そこで、「東急東横線で線路陥没の場所はどこ?原因や理由を徹底調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

東急東横線で線路陥没の場所や地図はどこ?

12月13日14:44頃、東急東横線で線路陥没があったのは元住吉~日吉駅間です。

東急電鉄は、横浜市の日吉駅と川崎市の元住吉駅の間で線路に異常があるという情報提供があったため、点検作業を行っていると発表しました。

近くを目撃した人の情報によると、場所は日吉東急の駐車場に入るためのルート脇だということです。

線路下の「パラスト」と呼ばれる敷石の一部が陥没をしたといいます。

 

東急東横線で線路陥没の原因や理由を徹底調査!

今回東急東横線で線路陥没があった原因については、現時点では詳しい情報が入ってきていません。

線路陥没という出来事自体、聞いた事がありませんのでなかなか原因や理由について特定することは難しいように思います。

一つ考えられるのは近くで何らかの工事をしていたということです。

また、線路が老朽化していたということも考えられますが、

恐らく線路自体は定期的に東急がメンテナンスをしているはずです。

今後原因については明らかになってくると思われます。

これだけ大きな出来事なので、東急が記者会見をして原因などに言及するものと思われます。

新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

線路陥没の現地の画像まとめ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2021年12月13日午後2時44分頃、東急東横線の元住吉-日吉駅間で、線路内に小さな陥没が見つかったという出来事が大きな話題となっています。

この影響で、同線は武蔵小杉―菊名駅間の上下線、目黒線も武蔵小杉-日吉駅間の上下線で運転を見合わせています。

東急東横線で線路陥没が起こった場所について調べてみると、日吉東急の駐車場に入るためのルート脇だということがわかりました。

原因や理由も気になりますが、今の所詳しい情報は入っていません。

ただ、考えられるのは近くで工事をしているか、線路の老朽化ではないかと思われます。

今後報道がさらに大きくなれば東急が記者会見をして、今回の出来事に対する説明や原因などを説明すると思われます。

今後新しい情報が入り次第掲載いたします。