遠山友希は虎ノ門病院の何科?腎臓内科なのかを徹底調査!

東京都の虎ノ門病院に勤務している医師が、住宅に侵入し、現金を盗んだ疑いで再逮捕されました。

逮捕されたのは、遠山友希容疑者(31歳)です。

過去には、2021年4月頃に東京都多摩市の男性(当時72歳)宅に、工具のドライバーを使使用し窓ガラスを割って侵入し、現金5万円余りを盗んだ疑いが持たれております。

遠山容疑者は、全身黒ずくめの服装で犯行に及んだようです。

犯行を行なった動機については、「以前見た黒装束で泥棒する映画が忘れられなかった」、「病院勤務のストレスがたまってやった」と供述しているようで、同様の事件で過去に2回逮捕され、今回で3回目の逮捕になるそうです。

その他にも、余罪が多数あるのではないかと見て警視庁は調べを進めています。

悪質な犯行を行なった、遠山容疑者が勤めている虎ノ門病院は何科を担当していたのか、腎臓内科と噂されるが、本当なのか気になります。

そこで、「遠山友希は虎ノ門病院の何科?腎臓内科なのかを徹底調査!」と題して、記事をまとめてみました。

 

遠山友希の勤務先は虎ノ門病院の何科?

今回の事件を犯した、遠山容疑者の勤めている虎ノ門病院では何科に属しえいたのでしょうか。

虎ノ門病院は昭和33年に開設され、今日まで多くの患者の治療を行ってきた日本を代表する総合病院です。

内科や整形外科をはじめ、産婦人科や小児科まで幅広い治療を行っており、44科ほどあります。

遠山容疑者の所属していた科を調べてみたのですが、はっきりとした情報が出てきませんでした。

今後、新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

遠山友希の勤務先は虎ノ門病院の腎臓内科なのかを徹底調査!

今回逮捕された遠山容疑者が虎ノ門病院の腎臓内科に所属しているのではないと噂されていますが、本当なのでしょうか。

虎ノ門病院のホームページがあったので、調べてみたところ腎臓内科はありませんでした。

似た科で「肝臓内科」や「腎センター内科」はありましたが遠山容疑者の名前を見つけることはできませんでした。

ただ、「第51回日本腎臓学会東部学術大会」という臨床腎臓病学についての進歩や未来についての発表会のプログラムに遠山容疑者の名前が出ていることが確認できました。

ホームページによると、遠山容疑者は虎ノ門病院の腎センター内科として、「膜性腎症にオーバーラップして半月体形成性糸球体腎炎・尿細管基底膜病変を来した一例」について発表をしていました。

そのため、腎臓内科ではなくて、腎センター内科に勤めていた可能性があると思われます。

 

関連記事

2022年1月13日、東京の「虎の門病院」の医師である遠山友希容疑者が、住宅に侵入して現金を盗んだ疑いで再逮捕されたとして話題となっています。遠山友希容疑者は、全身黒ずくめの服装で犯行に及んでいた。遠山友希容疑者について調べ[…]

遠山友希 金沢大学 医学部 出身高校 どこ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回、虎ノ門病院に勤めている医者である、遠山友希容疑者が逮捕されたことについて、「遠山友希は虎ノ門病院の何科?腎臓内科なのかを徹底調査!」と題して、記事をまとめてみました。

遠山容疑者は住宅に侵入し現金を盗んだ容疑で再逮捕されました。

過去にも同様の事件を起こしていて、工具のドライバーを使用して窓ガラスを割って侵入をしていた疑いがあります。

動機に至っては「以前見た黒装束で泥棒する映画が忘れられなかった」、「病院勤務のストレスがたまってやった」と供述していて、悪質な犯行を繰り返して余罪についても警察が調べを進めているそうです。

遠山容疑者は虎ノ門病院の何科にいたのかは調べてみたがはっきりしたことが分かりませんでした。

ただ、「第51回日本腎臓学会東部学術大会」という臨床腎臓病学についての進歩や未来についての発表会のプログラムに遠山容疑者の名前が出ていることが確認できました。

ホームページによると、遠山容疑者は虎ノ門病院の腎センター内科として、「膜性腎症にオーバーラップして半月体形成性糸球体腎炎・尿細管基底膜病変を来した一例」について発表をしていました。

そのため、腎臓内科ではなくて、腎センター内科に勤めていた可能性があると思われます。

今後、新しい情報が分かり次第掲載をいたします。