tomi/toitofabric(織師)の顔画像|娘の名前(本名)+年齢|インスタ

人生で1度しかない成人式で、振袖を職人である父親が手作りした投稿が話題になっています。

作成したのは、tomi/toitofabricさん(@JanuaryTomy)
です。

一体どのような方なのでしょうか。

報道の概要

は以下のように報じています。

娘が最高に綺麗だった成人式!
「成人式の振袖織ったろか?」『えーいいの?』
と軽く言ってしまった会話が、3ヶ月間僕を苦しめる事になる
彼女はやりたいスタイルがあったみたいで、ベレー帽とレトロを取り入れた自分らしく可愛いスタイルにしたいのを当日聞いたww

このコメントと共に投稿されたのは、振袖姿の娘さんの写真。

色鮮やな振袖のイメージとは違い、白と黒とグレーのシンプルな“格子模様”で素敵な振袖だ。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/4027f9eeea4ef2eb9c7479317a6a3572693ea59f

 

上記のように、tomi/toitofabricさんは娘のために振袖を手作り。その振袖をTwitterで投稿すると、「めっちゃ可愛いです」「振袖織ってくれるなんて最高のプレゼント」「シンプルだけどオシャレ」と絶賛するコメントが続々寄せられているのです。

この振袖の見本は伝統柄の「弁慶縞」というそう。弁慶縞は弁慶格子とも呼ばれ、縦2色横2色で、縦横同じ太さの幅広の格子縞(縦横縞)のことだといいます。

ネットの反応

国民
綺麗ですね。親の欲目でもなく赤の他人から見ても綺麗に見えます。
伝統柄にこういう柄があるんですね。
国民
これは可愛いな。この角度からでしか分からんけど、帽子が変じゃなく見える。
お父さんとここまでコミュ出来るのは平和でいいな。
国民
ちょうど我が家に、着物のガラによく似たニトリの冬用の掛け布団カバーがあるのですが(笑)、このガラを着物になんて自分はまず思いつかないです。
国民

素敵な振袖だな〜。
ごちゃごちゃした花柄のハデハデな振袖よりも,こういうシンプルな振袖に帯や帯揚げの色柄で遊ぶほうがいいな。

国民

モダンで、素敵。派手な晴れ着が集まる中、逆に目を引く。普段使いもできそう。

国民

本当にステキ。娘さんも愛情たっぷりの振り袖着られて、お父様もこんなすてきなお嬢さんを見ることができて羨ましい。

出典:ヤフーニュース

tomi/toitofabricの顔画像|娘の名前(本名)+年齢

tomi/toitofabricさんがどのような人物なのか調べてみました。

報道によるとtomiさんは、山口県柳井市の沖合にある平群島で織り師をしているということです。

伝統的な織機を使った手織りの生地を使ってテキスタイルデザインから機織りまで1人で行っているといいます。

tomi/toitofabricさんについて調べると、以下の情報を確認できました。

織師 久冨浩則氏による手織物
山口県の平郡島にて、伝統的な縞柄やチェック柄を主に、全ての工程を一人で行う。

出典:https://www.wonderfabric.com/handwovenxpunkxcap

上記のページでは、平群島で織り師をしている方が紹介されていて、FNNプライムオンラインの報道内容とも合致します。

toito-fabricさんの名前は久冨浩則さんです。顔画像は下記URLからご確認できます。

https://www.wonderfabric.com/handwovenxpunkxcap

また、自身のTwitterでも「顔出し」をしています。

実はFNNプライムオンラインで報道される前に、tomi/toitofabricさんの娘さんの振袖についてはねとらぼでも報道されていました。

娘さんの名前について調べてみたところ、娘さんと思われるツイートも確認されました。

上記のツイートを見ると、「柊」さんというようです。ご結婚されたようで、お幸せになってほしいですね。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref