千早川ボディーソープの会社名を特定?流入の理由は?

大阪府河南町神山を流れる千早川で2022年6月14日、住人から川に泡が流れていると河川事務所に通報がありました。

河南町が現地を調べたところ、近隣の運送会社の駐車場でボディーソープの容器が破損し、原液が側溝から川に流れ込んだことが分かりました。

河川事務所が確認したところ、ボディーソープに人体に影響のある物質は含まれていないとのことですが、近隣住人は魚などへの影響を懸念しています。

今回、ボディーソープを流入させた運送会社の会社名は特定できるのでしょうか。

また、ボディーソープが入っていた容器が破損した理由はなぜなのでしょうか。

今回は「千早川ボディーソープの会社名を特定?流入の理由は?」と題してまとめていきます。

 

千早川ボディーソープの会社名を特定?

国土交通省近畿地方整備局大和川河川事務所の調べによると、千早川には約900キロのボディーソープが流入したそうです。

流入元は近くの運送会社の積み荷からだとされています。

運送会社は千早川がある河南町に隣接する千早赤阪村森屋にあるそうです。

会社名は公表されていません。

千早赤阪村森屋に運送会社は複数あります。

この中で、千早川にボディソープが流入し、かつ、府道にも流れ出たそうなので、両方の条件に当てはまるところは絞り込むことができますね。

しかし、それはあくまで憶測ですので、ここでの断定は控えておきます。

 

千早川ボディーソープ流入の理由は?

ボディソープが流れ出た理由は、トラックの荷台からボディソープが入った容器が落下し、破損したからだということです。

900キロものボディソープが入っている容器なので、それなりの大きさなのでしょう。

落下の状況は公表されておらず、不明です。

この事件で生態系への心配の声が多数上がっています。

千早川へ流入したのはボディソープの原液なので、普段使用するものと濃度が違うと考えられます。

一時は水面から身長を越えるほどの泡が発生していたとも報道されています。

それほどの状態にあったのならば、周辺生物への影響は全くないということは、あり得ないでしょう。

 

まとめ

今回は「千早川ボディーソープの会社名を特定?流入の理由は?」と題して記事にまとめてきました。

大阪府河南町神山を流れる千早川で2022年6月14日、住人から川に泡が流れていると河川事務所に通報がありました。

河南町が現地を調べたところ、近隣の運送会社の駐車場でボディーソープの容器が破損し、原液が側溝から川に流れ込んだことが分かりました。

ボディソープを流出した会社名の特定を試みましたが、公開されていません。

運送会社があるとされる千早赤阪村森屋には複数の会社がありますが、特定には至りませんでした。

そしてボディソープが流入した理由は、運送会社の駐車場でトラックの荷台から容器が落下したからだそうです。

なぜ荷台から落下したのかは公表されていません。

ボディソープに人体影響のあ物質は含まれていないことは確認されていますが、現場の下流を水道水に使っている地域は、給水場所を変更しています。

人間が利用する水は別の川から引き換えることはできますが、その川に住む生き物は移動することができません。

生態系への影響が懸念されます。