福岡市中央区港1丁目のタワマンはカスタリア大濠ベイタワー!売却会社,譲渡先は?

福岡市中央区港1丁目の賃貸タワーマンションが解体されることが話題となっています。調べたところ、タワマンの名前は「カスタリア大濠ベイタワー」ということがわかりました。このマンションを売却したデベロッパー系の投資法人はどこなのでしょうか?調べてみました。

福岡市タワマンを大手デベロッパー系投資法人が売却

報道によると…

マンションは同区港1丁目に立地。30階建てで06年に完成し、住居戸数は212戸。約4割(今年2月末)が入居しているという。改ざん問題発覚前の13年から大手デベロッパー系の投資法人が所有していたが、今月、別の会社への譲渡契約が結ばれた。

物件の管理会社が今月、入居者に郵送した通知によると、問題の免震ゴムが使用されているため是正を求められているが、関係各所と協議を重ねた結果、解体せざるを得ないとの結論に至ったとしている。管理会社の代理人弁護士は取材に対し、「(解体は)ゴム交換工事を含め住民の負担が最小になる方法を検討した結果」と説明する。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/84cfe4e89c3ae3998a9902f1cd80fac118edfe85

7月16日の西日本新聞の報道で、福岡市中央区港1丁目の賃貸タワーマンションが解体されることがわかりました。調べてみると、そのタワーマンションの名前は「カスタリア大濠ベイタワー」です。以前は大手デベロッパー系の投資法人が所有していましたが、今月、別の会社への譲渡契約が結ばれています。

福岡市で解体されるタワマンの情報

大和ハウスリート投資法人が資産の運用を委託する資産運用会社である大和ハウス・アセットマネジメント株式会社が、譲渡の決定をしていました。

譲渡にかかる概要は下記のとおりです。

譲渡予定日:2021年9月30日
譲渡価格:37億4000万円
想定帳簿価格:23億8400万円
譲渡予定価格:13億5500万円
譲渡損益:13億3500万円
鑑定評価額:37億4000万円


関連記事

福岡市中央区の賃貸タワーマンションが解体されることが分かり、話題となっています。2015年に発覚した東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムのデータ改ざん問題で、国の性能基準を満たさない免震ゴムが使用されていたためです。この解体されるタ[…]

カスタリア大濠ベイタワーの建設会社、管理会社についてはこちらをご覧ください。
https://www.wadaino-news.com/tawaman20210716-3-2

大和ハウス・アセットマネジメント株式会社が譲渡の理由は?

それでは、大和ハウス・アセットマネジメント株式会社が「カスタリア大濠ベイタワー」を譲渡する理由は何なのでしょうか?

大和ハウス・アセットマネジメント株式会社のプレスリリースをまとめます。

本資産運用会社は、本投資法人のポートフォリオの中長期的な運用効率や個々の物件の特性等について精査を行っており、譲渡予定資産の競争力やマーケット動向等を総合的に勘案し、ポートフォリオの質の向
上を図るため本譲渡を決定しました。
譲渡予定資産は、築約 15 年を経過し大規模修繕工事の実施時期が差し迫っていること、また、地上 30 階
建てのタワー物件であることから、資本的支出や修繕費等の増加が予想されています。また、本資産運用会
社は、譲渡予定資産の近年の稼働状況及び賃料動向等より、今後の収益力の維持、向上は難しいものと考え、将来的に収益性が悪化するリスクや不動産売買環境が悪化するリスク等を考慮した結果、現時点での物件譲渡が最適であると判断しました。
本投資法人は、本譲渡に伴う想定帳簿価格を約 56.8%上回る価格で本譲渡を実施する予定です。2022 年 2
月期は、不動産等売却益の一部を活用し、翌期以降に計画している保有物件の修繕工事の一部を戦略的に前
倒し実施することで、将来の修繕費を圧縮しポートフォリオの NOI の安定化を図ります。
本譲渡の手取金については、売却益を投資主に分配金として還元するほか、残金は、今後の物件の取得
資金等に充当するため、手元資金とする予定です。

福岡市で解体されるタワマンが売却される会社は?

それでは、この「カスタリア大濠ベイタワー」が売却される譲渡先の会社はどこなのでしょうか?

大和ハウス・アセットマネジメント株式会社のプレスリリースによると、国内の事業会社であることがわかっています。名称等の開示については承諾が得られていないため、非開示となっています。なお、売却される会社は、大和ハウス・アセットマネジメント株式会社と特別な利害関係にある会社ではないとされています。

関連記事

福岡市中央区の賃貸タワーマンションが解体されることが分かり、話題となっています。2015年に発覚した東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムのデータ改ざん問題で、国の性能基準を満たさない免震ゴムが使用されていたためです。この解体されるタ[…]

カスタリア大濠ベイタワーの建設会社、管理会社についてはこちらをご覧ください。
https://www.wadaino-news.com/tawaman20210716-3-2

 

ネットの反応

国民
一応東洋ゴムから補償はもらってるんですよね。買主に承継されるんですかね。
国民
一貫してプレスリリースとかには出さない方針っぽいですよね。背景知らなかったら運用失敗→低廉譲渡にしか見えないと思うんですけどどんな整理なんだろう…
国民
カスタリア大濠ベイタワー
事故物件なのか
分譲じゃなくて
賃貸物件だったから
解体できるのか
国民
免震ゴムのデータ改ざんに伴い福岡市のタワーマンションが解体と西日本新聞が報道。ああ、中央区の港湾部に建っているやつか。福岡というか九州で超高層ビルの解体は初めてとなる。
国民
他は改修しているのにここだけ解体なのは、技術的な問題ではなく賃貸専用だからでしょうね。
契約上、相応の通告期間後に出て行けと言われれば出て行くしかないし、それに対する経済的な補償も不要なので。
国民
カスタリア大濠ベイタワー、1階にローソン入ってるからローソンの店員さん達も仕事失うのか。店長とかは近隣店舗と掛け持ちしてたりするけど、バイトは大変だなぁ。