福岡市タワマン解体はどこ?名前,場所特定!家賃は?偽装免振ゴム使用で入居者どうなる?

福岡市中央区の賃貸タワーマンションが解体されることが分かり、話題となっています。2015年に発覚した東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムのデータ改ざん問題で、国の性能基準を満たさない免震ゴムが使用されていたためです。この解体されるタワーマンションの名前,場所を特定しました。家賃や入居者への対応も調べました。

東洋ゴムの免震ゴムデータ偽装問題で福岡市のタワマン解体

報道によると…

2015年に発覚した東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムを巡るデータ改ざん問題で、国の性能基準を満たさない免震ゴムを使用していた福岡市中央区の賃貸タワーマンションが解体されることが分かった。偽装製品は大部分の使用物件で交換済みだが、解体に踏み切る異例の対応となる。ただ、管理会社などから決定に至る経緯の詳しい説明はなく、住民から困惑の声も上がる。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/84cfe4e89c3ae3998a9902f1cd80fac118edfe85

現在建っているタワーマンションが、老朽化ではないにもかかわらず解体されるというのは極めて異例といえるでしょう。
その背景には、東洋ゴム工業(現TOYOTIRE)の免震ゴムを巡るデータ改ざん問題があります。
当時は大きく話題になったことが記憶に新しいです。

福岡市で解体されるタワマンの情報

福岡市で解体されるタワーマンションは、福岡市中央区港1丁目に立地しています。
30階建てで06年に完成し、住居戸数は212戸あります。約4割(今年2月末)が入居しています。

改ざん問題発覚前の13年から大手デベロッパー系の投資法人が所有していましたが、7月に別の会社へ譲渡契約が結ばれました。

物件の管理会社が7月、入居者に郵送した通知によると、問題の免震ゴムが使用されているため是正を求められていますが、関係各所と協議を重ねた結果、解体せざるを得ないとの結論に至ったとされています。

管理会社の代理人弁護士は取材に対して、「(解体は)ゴム交換工事を含め住民の負担が最小になる方法を検討した結果」と説明しています。

TOYOTIREは、問題発覚後、物件ごとに免震ゴムの交換・改修を進めてきました。対象となる154棟のうち、今年4月末までに149棟で着工し、148棟で作業を終えていました。

カスタリア大濠ベイタワーを売却したデベロッパー系の投資法人と、譲渡先はどこなのか調べてみました。
関連記事

福岡市中央区港1丁目の賃貸タワーマンションが解体されることが話題となっています。調べたところ、タワマンの名前は「カスタリア大濠ベイタワー」ということがわかりました。このマンションを売却したデベロッパー系の投資法人はどこなのでしょうか?調べて[…]

カスタリア大濠ベイタワーの建設会社、管理会社についてはこちらをご覧ください。
https://www.wadaino-news.com/tawaman20210716-3-2

福岡市で解体されるタワマンの場所はどこ?名前は?

ホテル

福岡市で解体されるタワマンの場所は福岡市中央区港1丁目と報道されています。名前は「カスタリア大濠ベイタワー」です。

場所はこのあたりです。

外観を調べたところ、こちらのタワーマンションということがわかりました。報道の画像から考えて、間違いないでしょう。

福岡市で解体されるタワマンの家賃は?


福岡市で解体されるタワマンの家賃について調べてみました。

賃貸情報サイトのホームズによると、7万円~8万円程度の家賃のようです。賃貸マンションとしては一般的な価格帯なのではないでしょうか。

カスタリア大濠ベイタワーを売却したデベロッパー系の投資法人と、譲渡先はどこなのか調べてみました。
関連記事

福岡市中央区港1丁目の賃貸タワーマンションが解体されることが話題となっています。調べたところ、タワマンの名前は「カスタリア大濠ベイタワー」ということがわかりました。このマンションを売却したデベロッパー系の投資法人はどこなのでしょうか?調べて[…]

カスタリア大濠ベイタワーの建設会社、管理会社についてはこちらをご覧ください。
https://www.wadaino-news.com/tawaman20210716-3-2

 

福岡市で解体されるタワマンに住んでいる人はどうなる?

解体が決まったマンションの入居者は
「説明不足では」と話しています。
50代の男性入居者は、偽装発覚後に各戸を回った東洋ゴムの従業員から、「免震ゴムを取り換えるので安心してください」と説明を受けていました。
その後、交換などの対応が済んだと思っていましたが、男性は「解体通知は唐突すぎて納得できない」と怒っています。

住民は転居を強いられるため、負担は大きいです。別の女性入居者(34)には、来年6月までの退去を求める代わりに、6カ月分の賃料相当額を払うとの通知が管理会社名で送られてきました。敷金も全額返金されるといいます。女性は免震ゴムの交換ではなく、解体する理由が明らかにされない点に納得していません。「景色や立地が気に入って入居した人もいる。補償額も不十分ではないか。関係者はもっと説明を尽くして」と注文しています。

ネットの反応

国民
日本企業ならコストダウンしていいものとダメなもの位はきっちりしようや。セブンの容器底上げ弁当などは死人が出るわけではいいのでまだマシだが、生命に関わるものはケチったらダメだ。
買う側も同様で、海外製のよく分からん安物バッテリーなどは買うべきではない。
国民
最近マンション買ったので気になるニュース。でも色々保証してくれるならいいね
国民
ゴムは、元来は植物体 を傷つけるなどして得られる無定形かつ軟質の高分子物質。現在では、後述の天然ゴムや合成ゴムのような有機高分子を主成分とする一連の弾性限界が高く弾性率の低い材料すなわち弾性ゴムを指すことが多い。漢字では「護謨」と書き、この字はゴム関連の会社名などに使われる
国民
30階のタワーマンションの解体 興味あり。タワーマンションの解体は日本で初めてじゃないでしょうか?見てみたい!
国民
他は改修しているのにここだけ解体なのは、技術的な問題ではなく賃貸専用だからでしょうね。
契約上、相応の通告期間後に出て行けと言われれば出て行くしかないし、それに対する経済的な補償も不要なので。
国民
偽造といつまでの報道されて他のマンションの価値も下がってしまうので立て直した方がいいとの判断なんでしょうか?