多摩アスコンの府中市死亡事故の男性二人は誰?名前は?

2022年1月9日、午後2時ごろ、東京都府中市四谷5丁目のアスファルト製造会社「多摩アスコン」の工場で男性二人がミキサーの機械の中に2人が閉じ込められて亡くなるという事故がありました。

一体、この事故で亡くなった男性二人は誰なのでしょうか?

名前は公開されているのでしょうか?

そこで、「多摩アスコンの府中市死亡事故の男性二人誰?名前は?」と題して記事をまとめていきます。

 

多摩アスコンの府中市死亡事故の男性二人は誰?

今回事故が起こったのは、東京都府中市四谷5丁目のアスファルト製造会社「多摩アスコン」の工場です。

ミキサーの機械の中に2人が閉じ込められたと119番通報があったことで発覚しました。

消防が救助活動を行いましたが、40代男性と20代男性の死亡が確認されたといいます。

ミキサーはアスファルトの材料を混ぜるためのもので、2人はミキサーのメンテナンス作業中でした。

何らかの原因でミキサーが稼働し、2人が巻き込まれたといいます。

 

多摩アスコンの府中市死亡事故の男性二人の名前は?

それでは今回亡くなった男性二人は何という名前なのでしょうか?

多摩アスコンに家族・親族が働いている方や取引先の関係者などは気になると思います。

報道によると、亡くなった2人は機械に体を挟まれていて、およそ2時間半後に救助されましたが、いずれも死亡したということです。

異常な悲しい事故ですね。

しかし、今回の事故でなくなった男性二人の名前を調べてみましたが、どのメディアも現時点では報道していないようです。

ただ、注目されている事故なので、今後名前が公開される可能性が高いです。

新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2022年1月9日、午後2時ごろ、東京都府中市四谷5丁目のアスファルト製造会社「多摩アスコン」の工場で男性二人がミキサーの機械の中に2人が閉じ込められて亡くなるという事故がありました。

そこで、「多摩アスコンの府中市死亡事故の男性二人誰?名前は?」と題して記事をまとめました。

一体、この事故で亡くなった男性二人は誰なのかを調べたところ、40代男性と20代男性だということがわかりました。

2人はミキサーのメンテナンス作業中でした。

名前について調べてみましたが、今のところ名前は公開されていません。

しかし、注目されている事故なので遺族に配慮しつつ今後名前が公開される可能性が高いと思われます。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。