嵩原ゆき乃の被害者の女性は誰?名前と顔画像は?

2月28日、警視庁保安課は、嵩原ゆき乃(33)と夫の優力(29)両容疑者が、26歳の女性に売春で稼いだ売上を上納させていたとして、売春防止法違反の疑いで逮捕しました。

夫婦は女性と板橋区内の自宅アパートで同居しており、マインドコントロール下に置いていたということが分かっています。

夫婦と女性が出会ったのは、18年2月で、動画投稿サイトがきっかけでした。

当時被害女性には1歳の息子がいましたが、仕事をしていなかったため住む場所に困っており、嵩原ゆき乃容疑者が「それならうちに住みなよ」と誘われたといいます。

困窮していた女性はその提案を受け入れ、18年11月から同居生活が始まりました。

当初は住む条件に支払っていた家賃が、数万円だったのが12万円、17万円、30万円、40万円と値上げされていきました。

しかし、女性は「夫婦に子供を預けているため、独りでは逃げられない」と考え、要求通りに支払うしかなかったといいます。

住まいは都営住宅で、実際に夫婦が払っていた家賃は数万円程度だったと思われています。

そんなマインドコントロール下におかれ、夫婦に束縛されていた被害女性が誰なのか、名前と顔画像が気になります。

そこでこの記事では「嵩原ゆき乃の被害者の女性は誰?名前と顔画像は?」と題して、調査したことをまとめていきます。

 

嵩原ゆき乃の被害者の女性は誰?

警察の調べによると、被害女性が売春の強要は19年7月から21年11月の約2年間に渡って続いたとされています。

調べてみましたが、売春を強要されていた被害女性が誰なのかを特定することはできませんでした。

ですが、知人からのアドバイスを受け、21年11月に「居候している部屋の住人に売春させられた」と板橋警察署に相談していることから、東京都板橋区の人物であることが分かります。

売春の回数は600回近くに及んだようです。

被害女性は1100万円以上を稼いでいましたが、その大半が「生活費」の名目で夫婦に搾取されていたといいます。

夫婦は『アパートを出たら生きていけないだろう』『子どもの面倒をみているのはオレたちだ』などと住まわせてあげているのをいいことに、被害女性が拒否できないようにマインドコントロールをしていたようです。

売春で多額のカネを得ても、渡されるのは小銭だけでした。

洗脳された女性は冷静な判断ができなかった可能性があります。

要求額が吊り上がり自身の能力で払えなくなれば、たとえ子どもの面倒をみてもらっていても通常はおかしいと感じるはずです。

この被害女性は、相談できる友人がいたこともあり、夫婦の犯行が明るみになりました。

一方で孤立してしまえば、表に出ないケースもあり、このような被害を受けている女性がこれ以外にも存在していることも考えられるので、これをきっかけにまだ表に出ていない被害がどんどん明らかになればいいですね。

 

嵩原ゆき乃の被害者の女性の名前と顔画像は?

当初被害女性は、近隣のキャバクラ店で働きながら夫婦と共同生活をしていました。

しばらくすると、夫婦は被害女性に家賃を要求するようになりました。

アパートの家賃は数万円でしたが、要求額はんどん上がっていったそうです。次第に払えなくなると、夫婦は『身体で稼げ』と売春を強要するようになったのです。

そんな被害女性の名前と顔画像は公開されているのでしょうか。

調べてみたところ、被害の詳細は公表されているものの、被害を受けた女性の名前と顔画像は見つかりませんでした。

この問題については、同様のケースが見つかっていないだけで、存在している可能性もあります。

孤立してしまった女性がいち早く救済できるような社会の変化が求められています。

この事件についてはこちらの記事もご確認ください。

関連記事

東京都内の自宅に20代の女性を住まわせ、およそ600回にわたり売春をさせていたとみられる夫婦が逮捕されました。逮捕されたのは嵩原ゆき乃と優力の夫婦です。このような卑劣な犯行をした嵩原ゆき乃と優力容疑者の顔画像とFaceboo[…]

IMG

 

まとめ

この記事では「嵩原ゆき乃の被害者の女性は誰?名前と顔画像は?」と題して、調査したことをまとめました。

被害女性の売春の強要は19年7月から21年11月の約2年間に渡って続いていました。

夫婦が家に住まわせていることを利用し、不要に家賃を要求したり、売春を強要して得たお金はほとんど夫婦が受け取っていたということです。

被害女性が誰なのか調べたところ、東京都板橋区の人物であることが分かりました。

また、名前と顔画像は公表されておらず、警察は女性が受けた被害情報のみを公開しています。

今回のケースは、被害女性の弱みに付け込んだ悪質な犯罪です。

同様のケースがまだまだ存在している可能性もあるので、いち早くこのような犯罪が断絶された社会が来るといいですね。