【工藤剣太】竹田高剣道部顧問誰?名前(実名)の特定は?熱中症死亡事故

大分県立竹田高で起きた剣道部主将熱中症死亡事故から今年で13回忌を迎えたというNumberの記事が、世間の注目を集めています。

 

この事件は剣道部主将であった工藤剣太さんが亡くなったという事件です。

この当時の顧問に改めて注目が集まっています。一体どのような人物なのでしょうか。

 

顧問は熱中症への認識が極めて低く暴力的だった

報道によると…

練習は午前9時から始まった。剣道場には顧問と副顧問がいた。基本練習をし、午前10時ごろに給水。各自、コップ2杯程度の水分を取った。この部では日頃から、「次の練習に響かないよう水分摂取は少なめに」という誤った認識が植え付けられていた。

午前10時半ごろから打ち込みが始まり、トイレに嘔吐しにいく部員が現れ始めた。吐き気は中度の熱中症の症状の一つだ。しかし、顧問は戻ってきた部員を案ずるどころか、腰を竹刀で3発ほどたたいた。

主将である剣太さんへの指導も苛烈さを増した。「俺の言ったポイントが全くできていない!」「気迫がない!」と、顧問は声を荒らげた。面を持ち上げ、むき出しになった首をたたく場面もあった。

顧問は熱中症への認識が極めて低いだけでなく、この期に及んで、甚だしく暴力的だったというのです。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/5faf3acc89b7858fe60185480b303ec4dd86bc8d

上記のように、2009年当時、大分県立竹田高剣道部での練習では練習に響かないように水を控えめにするようにという誤った認識が植え付けられていました。

 

顧問は熱中症で異常な行動をとる剣太さんを立たせ、「演技やろうが!」と突き飛ばしたりしたといいます。

剣太さんはあらぬ方向に歩き出して壁にぶつかり、「あーっ」と叫んで崩れ落ちるように座り込み、仰向けに倒れました。

 

顧問は馬乗りになり、怒鳴りながら10発程度の往復ビンタをしたというのです。

Numberの記事は見ていて本当に痛々しい記事で許せない事件です。

 

インターネット上ではこのようなコメントが出ています。

ネットの反応

国民
これは酷い。
同じ部に弟がいて全て見ていてよかった。
じゃなきゃ、もみ消されるところだった。
国民

顧問の氏名と現在も教員なら学校名を公表するべき

国民
熱中症は気迫でなんとかなるのか・・・そりゃ革新的ですね。先生、見本見せてよ。つーか、見せろよ。
国民
このご両親の訴訟等の行動は当然の事だと思う。
しかし今もひと昔前も教育委員会の体質ってあんまり変わってないと感じますね。
国民

きつい体罰や根性論は、指導者のエゴと勝手な思い込みです。
冷静になれないような、指導者は指導者になってはいけない。自分の性格を常に分析して指導しないといけないと思う。

国民

びっくりしました。
これは※人といってもおかしくないと思う。
なんで過失致死が裁判で認められないのか不思議です。

出典:ヤフーニュース

竹田高剣道部顧問誰?名前(実名)の特定は?

それでは、竹田高剣道部で工藤剣太さんを熱中症による死に追いやった顧問とはいったい誰なのでしょうか?

実はこの事件については、事件発覚後インターネット上では特定作業が活発化していました。

地元では有名な話らしいのです。

今回のニュースを見た読者からもこのような書き込みがあります。

 

顧問の名前は坂※忠※といいます。なぜか逮捕もされずのうのうと暮らしています。

出典:ヤフーニュース

 

上記のように、この顧問の名前は坂※忠※というようです。(ここでは伏せ字にさせていただいています)

ただ、今の所顔画像については確認できていません。こちらは確認でき次第公開いたします。

顧問について情報をお持ちの方は、問い合わせフォームからお願いいたします。

 

検索しただけなので真偽の程は定かではありませんが、2018年頃に県内の別の高校へ異動となっているようです。

現在は通信制に勤務しているという情報や、出世して教師を続けているという情報があります。

間違いなく業界、組織内での権力者であることは明白のようです。

 

このような事件の当事者がのうのうと教師を続けて出世をするということ自体、許せるわけがありませんね。

ちなみに、元顧問の行動についてはこちらのリンクからもご確認いただけます。