竹田製作所(市川市)の場所,社長の名前,評判!従業員が上腕切断の会社

東京都江戸川区東葛西の金属製品製造加工業「竹田製作所」と同社の男性代表取締役社長が書類送検されました。千葉県市川市の工場で、プレスの装置に異常があったにもかかわらず修正をしなかった疑いです。安全装置が作動しなかったため、従業員がはさまれて上腕を切断する事故が起きています。竹田製作所(江戸川区東葛西)の場所,社長の名前,評判などを調べました。

武田製作所と社長が、安全装置異常放置容疑で書類送検

報道によると…

船橋労働基準監督署は6日、労働安全衛生法違反の疑いで、東京都江戸川区東葛西の金属製品製造加工業「竹田製作所」と同社の男性代表取締役社長(54)を書類送検した。

書類送検容疑は市川市本行徳の同社市川工場で、2019年11月2日に定期自主検査でプレスの光線式安全装置に異常が認められたにもかかわらず、修理など必要な措置を講じなかった疑い。

同署によると、同社の男性作業員(53)が今年2月9日、プレスで鉄板の型を抜く作業中、安全装置が機能しなかったためプレスの上下金型にはさまれ、上腕を切断する事故が起きた。

同社は同署の調べに対し「生産活動ができるから修理しなかった。安全に対しての意識が低かった」と容疑を認めている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/b0a72e4544f01df9b5bf19bb6e0f5697cee66b3a/comments

安全対策を怠っていたため、従業員の身体を傷つけるという恐ろしい事故が起きました。

竹田製作所の市川工場で、プレスの光線式安全装置に異常があったにもかかわらず、修理などをしなかった疑いがもたれています。

修理をしなかったためか、竹田製作所の男性作業員(53)が2021年2月9日、プレスの上下金型にはさまれ、上腕を切断するという痛ましい事故が起きています。

竹田製作所は「生産活動ができるから修理しなかった」と容疑を認めていますが、安全への意識が低かったと言わざるとえないでしょう。

竹田製作所市川工場のプロフィール

社名:株式会社竹田製作所(カブシキガイシヤ タケダセイサクショ)
代表者名:代表取締役 竹田 信幸
会社所在地:〒272-0103 千葉県市川市本行徳2554-56
従業員数:15人(うち女性:1人、パート:2人)
設立:昭和30年
資本金:1,000万円
事業内容:各種プレス加工
事業所番号:1202-100037-7
法人番号:6011701010066
電話番号:047-397-2007

竹田製作所市川工場の場所は?

今回事故があった、竹田製作所市川工場の場所を調べてみました。
住所は千葉県市川市本行徳2554−56です。地図を見るとこのあたりです。

外観はこのような感じです。手前にオフィスがあって、奥に工場があるようですね。

竹田製作所の社長は誰?

報道によると、市川工場での事故によって、法人としての竹田製作所と、男性代表取締役社長(54)が書類送検されたとされています。
社長の名前は報道されていませんでしたが、ハローワークの求人表に社長の名前が掲載されていました。それによると、竹田製作所の社長の名前は
「竹田 信幸」という名前のようです。

竹田製作所社長の顔写真

話題のニュース編集部で顔写真やプロフィール画像など本人の画像を探してみましたが、
現段階ではどのメディアも報道していませんでした。

 

現在では顔写真はわかりませんでしたが、情報を入手出来次第更新していきたいと思います。

犯人のTwitter,Facebook,インスタグラムは?

こちらの方でTwitter,Facebook,インスタグラム上の名前検索を行ったり、該当する情報から調べて特定を試みました。

 

ただ、現状として該当人物に関するTwitter,Facebook,インスタグラムの情報はわかりませんでした。

 

今後、話題のニュースでの調査で分かり次第、追って掲載したいと思います。

ネットの反応

国民
自主検査しておいて放置ですか??しかも2年前。通常は始業時にも異常がないか点検するでしょうが、作業者も壊れてるの知ってて作業してたんでしょうね。すべてにおいて安全への意識がとても低い会社なんでしょう。早く意識改革をしないと事故を繰り返すでしょうし、こういう会社と取引してる会社も糾弾されるかもしれませんね。
国民
残念ながら、こう言う社長がまだまだ存在するって事。以前勤めてた所はフォークリフトの定期検査を誤魔化すのに、終了ステッカー何処かに売ってないかって指示された。ケガした人間は翌年クビとか・・労基署はGメンみたいな部署を作ってもっと厳しく対処してほしい。
国民
20数年前に、初めて入った会社で同期入社した友達が肘から指までを切断。その半年後に別の同期が左手小指切断した。労働基準監督署が入って指導されていたが、結局は注意だけだった。何らかの厳しい罰則があれば2回目は防げたかもしれないけど、本人の注意力も関係しているから難しいですね。
国民
私も昔、プレス工をしていました。大手企業の孫請けの零細企業でした。
月100時間近くの残業と環境の悪さに参って、数ヶ月で退職しましたので、両手10本の指は無事です。新しい順送のプレス機もありましたが、他の順送や単発のプレス機は古いのが多かったですし、生産に追われて、メンテナンスも疎かにされていました。今でも存在する企業ですが、しょっちゅう人が入れ替わっている様で、さもありなんだと思います。
国民
今回は社長が逮捕とのことですが、現場では現場代理人が逮捕または送致されるケースがありますので注意しましょう。
国民
初めて就職した会社がプレス屋扱ってましたが、研修の時に社長が安全あってこそって安全装置いれてましたが。現場の職長さんがたまにセンサー切ってたの思い出しました。500トンクラスもあったので怖いと思ったのも…。