竹田恒泰氏が東京五輪支持のオンライン署名活動→「大差でレースになるわけない」

竹田恒泰氏が署名サイトで東京五輪支持の署名運動

報道によると…

政治評論家の竹田恒泰氏(45)が8日、署名サイト「change.org」で東京五輪開催を支持するオンライン署名活動を始めたことが明らかになった。
タイトルは「人々の夢と希望をつなぐため、東京五輪の開催を支持します」。同キャンペーンを始めた理由として、竹田氏は「私としては特に関わるつもりはありませんでしたが、5月7日に、SNSで池江璃花子選手に『五輪中止』や『反対』の声を上げるべき、との書き込みが溢れたことを知り、五輪開催の署名をすることを決めた次第です」と説明している。
すでに、自民党の片山さつき議員や和田政宗議員が賛同。午後11時の段階で9000人を超える署名が集まっている。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/875f87a2a871c32c6783572f2aa801ecf004dcd4

竹田恒泰とは?

竹田恒泰氏竹田恒泰は、1975年10月24日生まれの45歳。出生地:東京都。日本の政治評論家、東京地方裁判所公認の差別主義者、作家。血液型A型。身長178cm。旧皇族の竹田家(旧:竹田宮家)出身。父は日本オリンピック委員会(JOC)前会長の竹田恆和。
陸軍参謀本部作戦課対北方担当した祖父の竹田宮恒徳王が竹田宮恒久王と明治天皇の第六皇女である常宮昌子内親王(恒久王妃昌子内親王)の間に誕生していることから、恒泰は明治天皇の玄孫にあたる。男系では南北朝時代の北朝第3代崇光天皇の19世の子孫(皇胤)にあたる。
慶應義塾高等学校(英語会に所属)を経て、慶應義塾大学法学部法律学科で環境学を専攻して卒業する。

出典:Wikipedia

竹田恒泰氏の東京五輪支持の署名運動に対する国民の声

国民の声父親もこの方も、何してるんでしょうね。この後に及んで、まだ開催を考えてるとは…五輪開催論者の方々に対して、個人的には驚きを通り越えて呆れさえ感じます。

国民の声:大差がついてレースになるわけないと思う。むしろ、反対派署名の増加につながるので、反対派からは感謝されるだろう。

国民の声:率直に、互いの署名活動での賛否を知りたい。結果が反映されれば、更に良い。当然、名古屋みたいな不正がない前提で。

国民の声冷静に考えれば、むしろ #五輪中止のオンライン署名活動 をすべきなのだ。竹田さんは非常識ですね。国民の生命と人権はオリンピック選手に劣るものではなく平等だ。

国民の声:アマであろうが、プロであろうが、一般市民であろうが、全てが貴重な瞬間であり、どれも天秤にはかけられない。アスリートは特別ではない。この状況下で、唯一優先されるのは、国民の健康である。オリンピックは中止すべきだ。

国民の声:署名活動の動機に池江さんの名前が使われて可愛そう。選手を思うならそっとしとけよ。結局、竹田も池江さんを利用したいだけ。

国民の声コロナで苦しむ多くの人の気持ちを想像できない署名で残念でしかない。署名というのは何かを求めて行うもの。大運動会開催を求めるのが目的らしいけど、この署名を行う理由、必要性がわからない。ただ開催を求めるだけなら何の大義名分も見えない。選手個人への誹謗中傷を止めたければそういった署名を行えば良いだけ。

国民の声:竹田さんはテレビでの立ち振る舞いを見る限り異常性を強く感じます。本人は特に才覚のある人間では無いが、自身の親族に対するプライドが高いんでしょうね。五輪中止反対についても父親の事からの行動じゃないかと思われます。

出典:ヤフーニュース