高瀬隼子の本名や結婚相手は?高校や会社はどこ?

2022年の芥川賞が発表され、愛媛県新居浜市出身の作家・高瀬隼子さん(34)の作品が受賞され話題となっています。

受賞された作品は「おいしいごはんが食べれますように」で、ある会社の地方支店で働く男性と2人の女性の人間関係を、食べ物に絡めて描いた内容になっています。

そして、今年の芥川賞の候補作品5作すべて女性がノミネートされ高瀬隼子さんの作品が選ばれました。

そこで、高瀬隼子さんの本名が気になりますよね。

また、結婚相手はいるのでしょうか。

高瀬隼子さんの高校や会社について調べていきます。

今回は、「高瀬隼子の本名や結婚相手は?高校や会社はどこ?」と題して記事をまとめていきます。

 

高瀬隼子の本名は?

芥川賞を受賞した、高瀬隼子さんの本名について調べてみました。

調べてみたところ、本名は公開されておらず分かりませんでした。

ただ、「高瀬遊」の名義で文学フリマなどで活躍もされているため、「高瀬」は本名である可能性が高いのではないでしょうか。

高瀬隼子さんは、2019年に第43回すばる文学賞を受賞しデビューされました。

そして、今回芥川賞に受賞され今後の活躍が気になりますね。

 

高瀬隼子の結婚相手は?

高瀬隼子さんは結婚されているか、また、結婚相手はいるのか調べてみました。

調べたところ、結婚されており旦那さんがいることがわかりました。

今回、芥川賞を受賞された際に、「初めに夫に電話して、喜んでいました。『受賞したよ』と伝えたところと『よかったね!よかったね!よかったね!』と涙ぐんでいたそうです。

 

高瀬隼子の高校や会社はどこ?

高瀬隼子さんの高校を調べたところ、愛媛県立新居浜西高等学校に通われていたことわかりました。

また、大学は立命館大学文学部に進学したようです。

そこで、大学の仲間を中心に文芸サークル「京都ジャンクション」を結成し活動されていたようです。

会社については、教育関係の仕事をしながら執筆活動をしており、詳しい仕事内容については公表されていませんでした。

ただ、他の仕事を行いながらの執筆活動は大変だったと思われます。

そのため、芥川賞の受賞はとても嬉しかったのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「高瀬隼子の本名や結婚相手は?高校や会社はどこ?」と題して記事をまとめてみました。

高瀬隼子さんの本名を調べてみましたが、公表されておらずわかりませんでした。

また、結婚相手について調べてところ、旦那さんがいることがわかりました。

高校は、愛媛県立新居浜西高等学校を卒業され、立命館大学文学部に進学されたようです。

その後、教育関係の仕事をしながら執筆活動をされており、「おいしいごはんが食べれますように」が芥川賞に受賞されました。