高梨沙羅のスーツ規定違反とはなぜ?スキージャンプのルール内容を調査!

2022年2月7日、北京五輪スキージャンプの混合団体が行われています。

そのなかで、日本の1番手・高梨沙羅が1回目に103メートルを飛んだものの、スーツの規定違反で失格となったと話題となっています。。

一体、高梨沙羅のスーツ違反とはなぜなのでしょうか。

規定ルールが気になりますね。

そこで、「高梨沙羅のスーツ規定違反とはなぜ?スキージャンプのルール内容を調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

高梨沙羅のスーツ規定違反とはなぜ?

今回、2月7日行われた北京五輪スキージャンプの混合団体。

日本の1番手を担った高梨沙羅選手は競技終了後、納得の笑顔を見せて3位に大差の2位につけたかと思われていました。

しかし、直後にスーツの規定違反が判明します。
まさかの失格によりポイントは入りませんでした。

状況を知った高梨選手は号泣し、関係者に支えられて引き上げました。

 

高梨沙羅のスーツ規定違反となったスキージャンプのルール内容とは?

今回高梨沙羅選手が失格となったスーツ違反とは一体どういうことなのでしょうか。

ルール違反の内容が気になりますね。

調べてみると、テレビではスーツの大きさで失格と言っていたようです。

スキージャンプの選手は飛ぶ前に身長や体重を申告し、それにあったスーツやスキー板の基準が決められます。

そして、飛んだ後にも身長体重を計りますが、おそらく申告と違っていたために失格になったのではないでしょうか。

 

日刊スポーツの報道で以下のような内容が書かれていました。

国際スキー連盟(FIS)の規則では「直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、最大許容差はスーツのあらゆる部分において、ボディーに対しプラス1センチ~3センチ(女子は同2センチ~4センチ)とする」と決められている。シーズン初めに計測し、数値を提出するため、体重の変化などで誤差が出てくるケースはある。そのため「スーツ規定違反」は珍しいことではない。 ジャンプは浮力を味方につけ、遠くに飛ぶことを目指すスポーツ。スーツには空気を通す透過率についても規定があるが、選手はルールの中でなるべく風を体に受けたいと考える。W杯を転戦する高梨クラスだと、年間約20着を使用し、常にベストの状態のスーツで試合に臨んでいる。

 

専門用語はマテリアルコントロール?

調べてみると、スキージャンプでは「マテリアルコントロール」というものがあるよう。

大ジャンプをした人に対して、競技後に道具の違反がないか身長や体重を計ることがあるようです。

高梨選手はこのルールに引っ掛かったのかもしれません。

今回の失格には中国による陰謀論も出ています。

>>詳しくはこちらの記事をご確認ください。

 

高梨沙羅選手は過去にもルール違反をしていた

その後の調査で、高梨沙羅選手は過去にもスーツの規定違反で失格となっていたことがわかりました。

2021年2月のワールドカップの時です。

2月6日に金メダルを獲得した小林陵侑選手も、今期のワールドカップ第2戦の予選で失格をしています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「高梨沙羅のスーツ違反とはなぜ?規定ルールを調査!」と題して記事にまとめてきました。

2022年2月7日、北京五輪スキージャンプの混合団体が行われました。

そのなかで、日本の1番手・高梨沙羅が1回目に103メートルを飛んだものの、スーツの規定違反で失格となったと話題となっています。

一体、高梨沙羅のスーツ違反とはなぜなのでしょうか。

規定ルールが気になりますね。

そこで、今回のジャンプのルールなどを見てきました。

早く今回の理由や原因を明らかにしてもらいたいですね。