高田千明のwiki経歴!目の病気や家族(夫,息子)は?中学,高校どこ?

パラリンピックが開幕しがんばっている選手たちの勇姿が連日報道されています。今回はその中のひとり、視覚障害の高田千明さんにスポットを当てました。高田千明選手は、全盲の女子陸上、走り幅跳びの選手です。前回のリオパラリンピックにも出場。世界大会でも結果を残している実力者で、今大会でも期待を集め、5位入賞を果たしました。

全盲の高田千明選手。その経歴や病名、家族や出身校などを調べました。

高田千明のwiki経歴

名前:高田千明

生年月日:1984年10月14日

血液型:B型

出身:東京都大田区

所属:ほけんの窓口グループ株式会社

競技:女子走り幅跳び視覚障害クラス

高田千明さんは先天性の視覚障害を持ち、18歳のときに全盲となります。

22歳で現在の大森コーチと出会いパラ陸上を本格的にスタート。

そして2007年、23歳のときに聴覚障害をもつ高田裕士選手と結婚。2人は競技場で出会ってから、お互いを支え合ってきた存在だそうです。

そして息子をひとり授かります。

現在はママアスリートとして世界のパラ陸上で活躍されています。2019年のパラ陸上世界選手権では女子走り幅跳びで4位に入賞しパラリンピックの出場権を勝ち取りました。

 

高田千明の目の病気は?

高田千明選手は先天性の視覚障害です。

病名は「先天性黄斑変性症」です。目には網膜の中心に黄斑があります。

ここに障害が起こると、ものがゆがんで見えたり視力が下がったりするそうです。

この視覚障害で、高田千明選手は18歳のときに全盲となりました。

 

そして22歳でパラ陸上でパラリンピックを目指し始めることになります。

最初は400m走をしていましたが、メダルへのチャンスが多い走り幅跳びに挑戦します。

目が見えない中で、見えないところに飛ぶというのは、心が強くないとできないことだと感じますね。

高田千明の家族(夫,息子)は?

高田千明の家族はどのような構成なのでしょうか。

夫の髙田裕士さんは聴覚障害の陸上400mハードル選手。髙田裕士さんは感音性難聴の中でも最重度の聴覚障害を持ってらっしゃるようです。

しかし経歴は圧巻で国際大会やアジア大会でもメダルを獲得されています。パラリンピックは聴覚障害の方は参加出来ないそうなのですが、代わりに「デフリンピック」という大会で活躍されています。

妻の高田千明さんは聴覚、夫の高田裕士さんは視覚なので、調理のさいにはお互いがお互いを補って共同作業されているそうです。

高田千明選手と高田裕士選手の間には息子がひとりいます。名前は諭樹くん。両親とも陸上選手ですが、諭樹くんは陸上はやっていないようです。将来の夢は「パパとママの障害を治すお医者さん」とのこと。

家族みんなが仲良しな様子が伺えます!

 

高田千明の中学,高校はどこ?

高田千明選手の通っていた学校についても調べてみました。

小学校は東京都大田区にある萩中小学校を卒業し、中学校からは盲学校へと通っていたようです。

その盲学校で視覚障害者のスポーツをいろいろと体験されます。水泳や球技などを実際にやってみて、最終的に自分に合っていた陸上を選んで競技を続けます。

 

そして卒業してから伴走者の大森盛一さんと出会い、22歳で本格的にパラリンピックを目差します。現在の高田千明選手があるのは、盲学校時代にいろいろな競技を体験したからなのですね。

 

パラリンピックの関連記事はこちらから
関連記事

波乱続きの東京オリンピックはなんとか閉幕し、次はパラリンピックが開催されます。パラリンピック開幕式で旗手を務めるのは、卓球の岩渕幸洋選手。岩淵幸洋選手は、足に障害を持つパラリンピックの選手でありつつ健常者の実業団チームにも所属している珍しい[…]

卓球
関連記事

8月26日に行われたパラリンピックの水泳の決勝にて、初出場の富田宇宙さんが銀メダルを獲得しました。9月3日にも男子100メートルバタフライで銀メタルを獲得しました。富田宇宙さんは視覚障がいの為、途中でレーンを区切るロープにぶつかる場[…]

関連記事

2016年に開催された、リオパラリンピックで競泳種目4つで銀メダル獲得した木村敬一選手。その実力から、東京パラリンピックでは金メダルを期待されていますね。また端正な顔立ちをしており、ハーフなのかどうかも気になります。今回は、[…]

関連記事

2020東京パラリンピック男子水泳(競泳)で日本勢初の金メダルを獲得した鈴木孝幸選手。自身13年ぶりとなる金メダルでした。フィニッシュ直後には雄たけびを上げ、珍しく喜びを爆発させて注目も集めました。鈴木孝幸選手とは一体どのよ[…]

関連記事

8月29日に行われた、東京パラリンピック競泳男子100メートル平泳ぎ(知的障がい)決勝で山口尚秀選手が世界新記録を出しながら見事勝利し、金メダルを獲得した。初出場で金メダルを獲得ですから、すごいですよね。そんな山口尚秀選手は、一体ど[…]