片桐朱璃は帯広農業高校野球部副部長?出身大学はどこかを調査!

2022年5月30日に北海道の帯広市でおきた遺体遺棄事件で犯行を行ったとされる、高校教師の男が逮捕されました。

逮捕されたのは帯広農業高校で教師として勤務していた35歳の片桐朱璃容疑者です。

女性の遺体を帯広の森公園に埋めたとして片桐朱璃容疑者は逮捕されていますが、その亡くなった女性は知人だったことがわかっています。

ネット上では、片桐朱璃容疑者が帯広農業高校で野球部の顧問をしているのではという噂が流れています。

中には、片桐容疑者の出身大学はどこか気になっている方も居るのではないでしょうか。

そこで今回は、「片桐朱璃は帯広農業高校野球部副部長?出身大学はどこかを調査!」と題して記事をまとめていきます。

 

片桐朱璃は野球部副部長?

帯広農業高校野球部と言えば、北北海道でも有名な強豪校として2021年夏のセンバツ高校野球でも21世紀枠で選ばれ、出場を果たしています。

そんな帯広農業高校ですが、今回事件を起こした片桐朱璃容疑者が副部長を務めていたという噂が流れています。

一般的に普通の高校などでは、部長や副部長などが代わっても大々的には報道されませんが、帯広農業高校は前監督が代わった際に注目されています。

そこで、真実を追求すべく、片桐容疑者が帯広農業高校野球部の副部長だったか調査をしていきます。

帯広農業高校野球部のものと思われるHPがありましたが、現在は暗号化されており、部員以外は見られないようになっているようです。

そのことと、片桐容疑者について関係があるかはわかりませんが、もしそうだとしたら納得が出来ます。

結果として、片桐容疑者が野球部の副部長か?という事についての真相はつかめませんでした。

ですが、必ずと言って良いほど指導者や部員に不祥事があった高校は処分を受けるため、そのことによって明らかになるかもしれません。

もしそうだとしたら、自らの行いによって3年生の部員たちは最後の夏に挑戦する権利も与えられず、夏を終えることになるかもしれませんね。

 

片桐朱璃は前任校で野球部顧問

その後の報道で、片桐朱璃容疑者は前任校で野球部の顧問をしていたということが明らかになりました。

このことから、帯広農業高校でも野球関係で何らかの役職を担っていたのかもしれません。

 

片桐朱璃は美幌高校野球部監督

片桐朱璃容疑者(35)は今年の3月まで、北海道美幌町にある美幌高校で働いていて、今年4月に帯広農業高に異動したことがわかっています。

前任地の美幌高では野球部監督を務めていたそうで、熱心な指導をしていると評判だったようで知人などの間では衝撃が走っています。

 

片桐朱璃の出身大学はどこ?

大学の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

さて続いては片桐朱璃容疑者が卒業したと言われる出身大学について詳しく調査をしていきます。

まず、片桐容疑者は教師だという所から、教育免許を取得するために、教育学部や教職課程のある学部に進む必要があります。

片桐容疑者が教師をしていた帯広農業高校からまだ近い、北海道教育大学や、北海道大学なども候補として挙げられるでしょう。

他にも札幌学院大学や、北海道文教大学などもありえますが、もちろん県外の可能性もあります。

片桐容疑者に関しての過去の記述や、何か手がかりがあれば特定しやすいですが、今の所、そのようなものは見つかりませんでした。

ですが、今後の捜査でまた新たな情報がわかり次第、出身大学があきらかになるかもしれませんね。

 

まとめ

殺人事件の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

今回は「片桐朱璃は帯広農業高校野球部副部長?出身大学はどこかを調査!」と題して記事をまとめていきました。

被害女性と一体何があったかわかりませんが、帯広農業高校で教師を勤めていた片桐朱璃容疑者は、今回決して許されない罪を犯してしまいました。

事実はわかりませんが、本当に野球部の副部長であれば部員たちは怒り、悲しむでしょう。

出身大学がどこかについても詳細まではわかりませんでしたが、同級生たちはニュースを見た時にどう思えばいいんでしょうね。

教師としてはまた違った一面があり、教え子たちからしても良い教師だったのではないでしょうか。

野球との関係を調べてみると、前任地の美幌高では野球部監督を務めていたことがわかりました。

指導は熱心だと評判で知人などの間では衝撃が走っています。

恐らくもう二度と教壇には立てないと思いますが、獄中で今後の在り方についても見つめ直してもらいたいものです。