週刊新潮が甲府放火事件19歳少年(生徒会長)実名+顔画像公開で特定?

甲府市で住宅が放火され会社員井上盛司さん(55)と妻章恵さん(50)の遺体が見つかった事件で逮捕された19歳の少年について、週刊新潮が実名と顔画像を掲載して話題となっています。

これまで新聞やテレビでは一切掲載されていませんでしたが、社会的な事情を鑑みて掲載に踏み切りました。

一体、逮捕された少年とはどんな人物なのでしょうか?

報道の概要

共同通信は以下のように報じています。

 甲府市で住宅が放火され会社員井上盛司さん(55)と妻章恵さん(50)の遺体が見つかった事件に関し、21日発売の「週刊新潮」が夫婦の次女への傷害容疑で山梨県警に逮捕された少年(19)の実名と顔写真を掲載していることが20日、分かった。

 記事は少年の学校での様子などをまとめた内容。週刊新潮編集部は「犯行の計画性や結果の重大性に鑑み、容疑者が19歳の少年といえども実像に迫る報道を行うことが常識的に妥当と判断した」とのコメントを出した。

 5月に成立した改正少年法は、18、19歳を「特定少年」と位置付け、来年4月以降に起訴されれば、実名や顔写真の報道が可能となる。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/fe668407db31233dc48c51749ea8a04f195553a8

 

ネットの反応

国民
18歳を成人とする法律にしたくせに、なんで刑事罰のところは「特定少年」なんて曖昧なことにするんだ。
権利と義務は表裏一体。
国民
※刑になる可能性の高い重大な犯罪を犯したのだから、実名報道は許容されるべき。
同じ高校の無関係な生徒が犯人扱いされているそうなので、これで無関係な人への被害が止む。
国民
こんな極悪な犯罪をおかしていて19歳もなにもないだろう。重大犯罪をおかした人間は年齢に関係なく実名と顔写真を公開すべき。
国民

私も常識的に妥当だと思う。
19歳であれば人を殺すことがどういうことなのか分かるはず。

国民

※害や放火理由が身勝手な上に
同情の余地がないし、
犯行内容も悪質だから
既に顔写真も名前も公開して良いレベル。

国民

本件といいKK問題といい、週刊新潮の報道を支持します。週刊新潮とか文春を応援したいです。

出典:ヤフーニュース

19歳少年の実名+顔画像は?生徒会長

冒頭のように、週刊新潮は10月21日発売の誌面で少年の実名と顔画像を掲載します。

しかし、朝6時時点ではまだ、少年の実名および顔写真はネット上に公開されていませんでした。

しかし、Twitterでは新潮の中吊り広告が投稿されています。

中吊り広告では少年の顔にモザイクが入っています。誌面ではモザイクありかなしかは今のところ不明です。もしかしたらそこは少年法を鑑みてモザイクアリの可能性はあります。しかし、広告からわかる少年の情報は以下の通りです。

・犯行当日(10月12日)に地元紙に載った
・父親が窃盗容疑で逮捕されている
・両親は離婚し、少年は不登校になっていた
・生徒会長を務めていた

これらの情報から、ネット上ではすでに少年の身元を独自に特定する動きが進んでいます。

5ch(2ch)には地元紙の紙面がアップされていました。

アップされた紙面には、ある定時制高校の「生徒会長」が登場していて、その実名が記されています。

また、紙面では複数の生徒がマスク姿で写っていますが、誰が容疑者なのか断定できません。

週刊新潮が報じた人物と同一人物かは断定できないため、ここでは控えさせていただきます。

週刊新潮が実名を公開

週刊新潮が容疑者の実名と顔画像を公開しました。

週刊新潮によると、容疑者は「遠藤裕喜」です。また、文春でも加工ありで公開されています。

詳しくは以下のページからご確認下さい。

関連記事

山梨県甲府市で起こった放火殺人事件について、2021年10月21日、週刊新潮が、犯人の名前(実名)と顔写真公開に踏み切りました。新潮の報道によると、逮捕された19歳少年の実名は遠藤裕喜です。一体どのような人物なのでしょうか。[…]

火事
関連記事

山梨県甲府市で起こった放火殺人事件について、2021年10月21日、週刊新潮が、犯人の名前(実名)と顔写真公開に踏み切りました。新潮の報道によると、逮捕された19歳少年の実名は遠藤裕喜です。一体どのような人物なのでしょうか。[…]

火事

 

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref