秀岳館高校火事の原因は?出火元や放火かも調査!

2022年7月20日未明、熊本県八代市の高校で建物2棟を焼く火事がありました。

火事があったのは八代市輿国町にある秀岳館高校です。

20日の午前0時半ごろに、高校の職員の男性から「建物から炎が上がっている」と警察に通報がありました。

火は鉄骨平屋建てのボクシング場、実習室の2棟を焼き、午前6時ごろにほぼ消し止められました。

この火事によるけが人は報告されていません。

火事の原因はなんなのか出火元が気になる人は多いと思われます。

また、意図的な放火ではないかとも考えられますね。

そこで、今回は「秀岳館高校火事の原因は?出火元や放火かも調査!」と題して、記事をまとめていきます。

 

秀岳館高校火事の原因は?

秀岳館高校の火事の原因はなんなのでしょうか。

調査しましたが、まだ原因はわかっていませんでした。

熊本県内は連日雨が降っていたこと、火災発生時間が夜中だった点を考えると自然発火である可能性は低いと思われます。

電気の配線から発火したり、放火だったり、タバコの不始末だったりと火災の原因は様々です。

今日の午前中から実況見分が実施されるようですので、原因はいずれ発覚されるでしょう。

その際は、また記事を更新いたします。

 

秀岳館高校火事の出火元は?

秀岳館高校の火事の出火元はどこなのでしょうか。

調査しましたが、出火元については公表されていませんでした。

ですが、今回の火事で燃えた実習室が全焼している点、実習室に隣接しているボクシング場も焼けている点らを考えれば、実習室が火元である可能性が高いです。

さらには校舎にも被害はありましたが、壁面のみが焼けたレベルで留まっています。

建物それぞれの被害の度合いを踏まえれば、出火元は実習室という推察がより強固になりますね。

また新たな情報がありましたら記事を更新いたします。

 

秀岳館高校火事の原因は放火?

秀岳館高校の火事の原因は放火なのでしょうか。

結論を言いますと放火なのかはまだ不明のようです。

気候の関係での自然発火であるとは考えにくいという点を踏まえると、人為的に火が起こされたと考えるのが妥当でしょう。

さらに秀岳館高校は以前にサッカー部の指導者による暴行事件があったことで世間から大きな批判が向けられた経験があります。

そのため、「放火犯がいる」という声もSNSなどで散見されます。

批判を向けた一部の人間が過激化し、高校を放火したという可能性はゼロではありません。

あるいは、元から高校に恨みがある人物の犯行かもしれませんね。

また新たな情報がありましたら記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「秀岳館高校火事の原因は?出火元や放火かも調査!」と題して記事をまとめました。

熊本県八代市の秀岳館高校で、2022年7月20日未明、敷地内の鉄骨平屋建てのボクシング場、実習室の2棟を焼く火事がありました。

火は午前6時ごろにほぼ消し止められていて、この火事によるけが人は報告されていません。

火事の原因が熊本県内は連日雨が降っていたこと、火災発生時間が夜中だった点を考えると自然発火である可能性は低いと思われます。

今日の午前中から実況見分が実施されるようですので、原因はいずれ発覚されるでしょう。

出火元については公表されていません。

今回の火事で燃えた実習室が全焼している点、実習室に隣接しているボクシング場も焼けている点などを考えれば、実習室が火元である可能性が高いです。

秀岳館高校の火事の原因は放火なのかと疑う声が出ています。

放火なのかはまだ不明のようですが、気候の関係での自然発火であるとは考えにくいという点を踏まえると、人為的に火が起こされたと考えるのが妥当でしょう。

秀岳館高校の指導者による暴行事件を批判していた一部の人間が過激化して高校に放火を起こした可能性があります。