鈴木雄弥被告の弁護士は誰?名前と顔画像は?

2021年12月22日、さいたま地裁で自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた会社員鈴木雄弥被告(34)の裁判員裁判の判決公判が開かれて注目されています。

小池健治裁判長は懲役8年(求刑・懲役9年)を言い渡しましたが、弁護側の主張にも注目が集まっています。

一体、鈴木雄弥被告の弁護士は誰なのでしょうか?

名前と顔画像は特定できるのでしょうか?

そこで、「鈴木雄弥被告の弁護士は誰?名前と顔画像は?」と題して記事にまとめていきます。

 

鈴木雄弥被告の弁護士は誰?

鈴木雄弥被告は2018年10月、埼玉県飯能市で、制限速度を89キロ超える約129キロで乗用車を運転して事故を起こし、3人を死傷させたとされています。

検察側は「犯行態様は非常に危険で経緯は身勝手。対向車両に全く落ち度はなく、避けようもない理不尽な事故」として懲役9年を求刑していました。

鈴木雄弥被告が速度超過で2度の免許取消処分を受けているにも関わらず態度を改めず、意図的に交通法規を違反する行為を繰り返したことが悪質性が高いと主張していました。

鈴木雄弥被告は大きく改造した車に乗っていたといい、「根拠の伴わない運転技術に対する過信や楽しみたいという安易な欲求があり、事故は起こるべくして起きた」と必然性を強調していました。

弁護側は懲役5年以下を求めて結審しました。

このなかで、注目されているのは弁護士側の主張です。

一体どのような説明をしていたのでしょうか。

弁護側は129キロは極端な高速度ではないと説明

鈴木被告の弁護側の主張を調べてみると、「弁護側は129キロは極端な高速度ではない」と説明していたことがわかりました。

また、犯行当時は交通量が少なく信号無視も飲酒運転もしていないとして「極めて危険とまでは言えない」と主張していたのです。

この「129キロは極端な高速度ではない」という主張がネット上で、批判を集めています。

 

鈴木雄弥被告の弁護士の名前と顔画像は?

鈴木被告を弁護する弁護士は誰なのでしょうか?

この弁護士について調べてみましたが、現時点では確認できていません。

実際にさいたま地裁に行くか、訴状を確認できれば弁護士の名前を確認できるかもしれません。

現在この弁護士については調査中です。

詳しい情報をお持ちの方は問い合わせフォームからお願いします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「鈴木雄弥被告の弁護士は誰?名前と顔画像は?」と題して記事にまとめてきました。

2021年12月22日、さいたま地裁で自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた会社員鈴木雄弥被告(34)の裁判員裁判の判決公判が開かれて注目されています。

小池健治裁判長は懲役8年(求刑・懲役9年)を言い渡しましたが、弁護側の主張にも注目が集まっているのです。

3人の死傷者を出した鈴木雄弥被告の事故について、弁護側は「129キロは高速ではない」と主張してネット上で批判を集めているのです。

一体、鈴木雄弥被告の弁護士が誰なのか、名前と顔画像は特定できるのか調べてみました。

しかし、現段階ではこの弁護士について詳しい情報がわかっていません。

今後新しい情報が入り次第掲載いたします。

鈴木被告の顔画像や勤務先の会社についてはこちらの記事からご確認ください。