鈴木雄弥被告の顔画像とFacebook!勤務先の会社はどこ?

2021年12月22日、さいたま地裁である裁判が開かれて注目されています。

埼玉県飯能市で2018年10月、制限速度を89キロ超える約129キロで乗用車を運転して事故を起こし、3人を死傷させた会社員鈴木雄弥被告(34)の裁判員裁判の判決公判があったのです。

小池健治裁判長は懲役8年(求刑・懲役9年)を言い渡しました。

鈴木雄弥被告は一体どのような人物なのでしょうか。

顔画像とFacebookが気になります。

また、鈴木雄弥被告は会社員とされていますが、どこの会社に勤めているのでしょうか。

そこで、「鈴木雄弥被告の顔画像とFacebook!勤務先の会社はどこ?」と題して記事にまとめていきます。

 

鈴木雄弥被告の顔画像とFacebook!

今回裁判員裁判が開かれた鈴木雄弥被告ですが、どのような人物なのでしょうか。

鈴木雄弥被告の顔画像やFacebookについて調べてみました。

しかし、過去の報道を確認しても顔画像については公開されていないことがわかりました。

「鈴木雄弥」と検索すると同姓同名の人物がヒットすることがわかります。

しかし、いずれも年齢的には鈴木雄弥被告と異なる人物です。

また、Facebookについては同姓同名のアカウントが複数存在することがわかりました。

しかし、飯能市や埼玉県周辺に住んでいると思われる鈴木雄弥のアカウントは存在していないようです。

関西圏出身の同姓同名のアカウントは存在しますが、別人である可能性が高そうですね。

 

鈴木雄弥被告の勤務先の会社はどこ?

鈴木雄弥被告は会社員であると報道されています。

気になるのが、どこの会社に勤めているのかということだと思います。

しかし、鈴木雄弥被告については、自宅がどこであるのかや経歴など細かな素性については明らかになっていません。

そのため、どこの会社に勤めているのかについても現段階では分かっていない状況です。

ただ、今後SNSや2ちゃんねる、爆サイなどの匿名掲示板で会社名についても公開される可能性があります。

また、注目されている裁判なので週刊誌が取り上げる可能性も高いです。

鈴木雄弥被告の会社について、今後新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「鈴木雄弥被告の顔画像とFacebook!勤務先の会社はどこ?」と題して記事にまとめてきました。

2021年12月22日、さいたま地裁である裁判が開かれて注目されています。

埼玉県飯能市で2018年10月、制限速度を89キロ超える約129キロで乗用車を運転して事故を起こし、3人を死傷させた会社員鈴木雄弥被告(34)の裁判員裁判の判決公判があったのです。

小池健治裁判長は懲役8年(求刑・懲役9年)を言い渡しました。

鈴木雄弥被告の判決には弁護側の主張も注目されています。

鈴木雄弥被告がどのような人物なのか気になったので、顔画像とFacebookを調べてみました。

鈴木雄弥被告は会社員とされているのでどこの会社に勤めているかも調べてみました。

しかし、顔画像は公開されておらず、Facebookは現段階では特定することができません。

また、どこの会社に勤めているかも今の所めぼしい情報がありませんでした。

鈴木雄弥被告についてはこちらの記事もご確認ください。