ニスモ鈴木豊の死因の病気は?年齢や経歴も調査!

  • 2021年12月20日
  • 2021年12月20日
  • 訃報

2021年12月20日、モータースポーツのNISMOが、同社のレース部部長でスーパーGTの23号車の監督兼GT500車両開発チーフエンジニアの鈴木豊氏(鈴木豊儀氏)が亡くなったことを発表して話題となっています。

一体、ニスモ鈴木豊氏(鈴木豊儀氏)の死因は何だったのでしょうか?

病気で闘病をしていたのでしょうか?

また、年齢や経歴も気になりますね。

そこで、「ニスモ鈴木豊の死因の病気は?年齢や経歴も調査!」と題して記事にまとめていきます。

 

ニスモ鈴木豊の死因の病気は?

 

今回亡くなった鈴木豊監督ですが、死因は何だったのでしょうか。

報道では、鈴木豊監督の死因について詳細は報じられていません。

また、ニスモの公式でも死因については触れられていません。

ただ、2ちゃんねるでは、8月頃に鈴木監督を見たとみられる人の書き込みがありました。

その書き込みによると、髪が薄くなったように見えて、何かの病気にかかっているのではないかと推測されていました。

 

近年は闘病生活を送る

鈴木豊さんは、近年闘病生活を続けていたといいます。

ただ、実際に何の病気で闘病をしていたのかについては明らかになっていません。

鈴木監督は2021年も監督して登録されていましたが、サーキットに姿をみせる機会が少なくなっていました。

他チームやメーカーの関係者からも快癒を願う声が聞かれていましたが、叶いませんでした。

 

ニスモ鈴木豊の年齢や経歴も調査!

今回突然の訃報が伝えられた鈴木豊監督の年齢や経歴も調べていきたいと思います。

 

ニスモ鈴木豊監督の年齢は?

ニスモ鈴木豊監督は56歳でした。

まだまだ若くてこれからという時期であるにも関わらず突然の訃報に、驚きの声や惜しむ声が広がっています。

 

ニスモ鈴木豊監督の経歴は?

鈴木豊さんは、1990年にニスモに入社します。
グループCやJTCC全日本ツーリングカー選手権の車両開発などを担ってきました。

1998年のル・マン24時間レースでは開発エンジニアに加えて、3位表彰台を獲得した鈴木亜久里・星野一義・影山正彦組32号車のトラックエンジニアとして、ニッサンR390 GT1の3位表彰台獲得に大きく貢献しました。

ニッサンGT-Rを走らせていた2009年からは、スーパーGTでNISMOのチーム監督を務めてきました。

2014~15年には連覇を果たし、ニッサン/ニスモの活動に大きな貢献を残してきた人物です。
一方で、GT500車両開発チーフエンジニアとして、オフのセパンテストや国内でのテストで中心となり、開発を担ってきた方です。

モータースポーツ界に貢献してきた人だけに、惜しむ声が聞かれています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ニスモ鈴木豊の死因の病気は?年齢や経歴も調査!」と題して記事にまとめてきました。

2021年12月20日、モータースポーツのNISMOでスーパーGTの監督兼GT500車両開発チーフエンジニアの鈴木豊氏(鈴木豊儀氏)が亡くなったと発表して話題となっています。

ニスモ鈴木豊氏(鈴木豊儀氏)の死因や、何の病気で闘病をしていたのか調べてみました。

ただ、闘病をしていたことは確かですが、何の病気を患っていて死因が何だったのかは現在のところ明らかになっていません。

また、年齢は56歳というまだ若い年齢でした。経歴を調べてみると、長くモータースポーツを支えてきた人物であることがわかりました。

ご冥福をお祈りいたします。