超新星爆発の観測は望遠鏡でできる?方法や過去の記録も調査!

死期を迎えた巨大な恒星が超新星爆発を起こす現象が初めてリアルタイムで観測されました。

2022年1月6日、米カリフォルニア大学などの研究者が天文学会誌に研究結果を発表ています。

超新星爆発の観測は望遠鏡でできるのでしょうか。

その方法や過去の記録などについても徹底調査していうと思います。

そこでこの記事では「超新星爆発の観測は望遠鏡でできる?方法や過去の記録も調査!」と題してまとめていきます。

 

超新星爆発の観測は望遠鏡でできる?

結論から言うと超新星爆発の観測は望遠鏡でできるということが証明はされていますがまだ最近明らかになったことなので具体的なことまでは分かっていません。

過去の調査では最終的にハッブル宇宙望遠鏡を含めた複数の望遠鏡が地上と宇宙からSN 2020fqvの最期を見届けています。

またいくつもの独立した視点から超新星爆発の前、爆発そのもの、そしてその後を観測できたのはこれが初めてだそうです。

超新星爆発については最近色んな新事実が次々と明らかになってきているので今度はどんな報告が聞けるのは非常に楽しみですね。

 

超新星爆発の観測の方法や過去の記録も調査!

超新星爆発の観測の方法ですが具体的なやり方はあまり出回っていないようです。

かなり難易度の高い観測をしているようなので研究者の人たちでなければ知りえない極秘情報などもたくさんあるのではないでしょうか。

過去の記録としては2006年の9月に発見されたSN 2006gyは、地球から2.4億光年先にあるNGC 1260で爆発しています。

2007年10月にSN 2005apの光度が確認されるまでは観測史上最大の光度となっています。

爆発はそれまでに起こったどの爆発よりも100倍以上は明るい超新星です。

元の恒星は太陽の約150倍と推定されているようです。

長年に渡り世界中の研究者によって色んな新事実が明らかになってきていますが、まだ謎の部分が多いのも確かです。

近年はインターネット技術が凄まじい勢いで発達しているため、謎が解き明かされる未来もそう遠くはないのかもしれませんね。

 

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は「超新星爆発の観測は望遠鏡でできる?方法や過去の記録も調査!」について調べてみました。

簡潔に情報をまとめると超新星爆発の観測は望遠鏡でできます。

方法については具体的に明らかになっていませんが過去の記録を調査すると驚きの結果が判明しました。

超新星爆発がどういったものでどのように発生するのか、世界中の研究者の観測などにより分かりつつあるのでこれからも注目していきたいと思います。

今後さらに新しい情報が分かり次第追記します。