杉浦佳子のwiki経歴!結婚や離婚,家族(夫,子供)や学歴は?薬剤師?

50歳で金メダル!!日本中がビックリして歓喜しましたね。パラリンピックのロードレースで見事金メダルを勝ち取ったのは、50歳の杉浦佳子選手。

50歳というその年齢で競技を続けていらっしゃることも驚きですが、実は杉浦佳子選手は薬剤師でもあり、2児の母でもあります。パワフルですよね。

今回はそんなパワフルな杉浦佳子選手の経歴や家族、プロのロードレーサーである息子の詳細や学歴などを調べました。

 

杉浦佳子のwiki経歴

名前:杉浦 佳子(野口 佳子)

生年月日:1970年12月26日

身長:155cm

体重:47kg

出身:静岡県掛川市

所属:楽天ソシオビジネス

 

杉浦佳子選手は155cm、47kgという小柄な選手。

大学卒業後、薬剤師として働きつつ趣味でトライアスロンを楽しんでいたそうです。

そして38歳のときにロードレースを開始。

実業団チームに誘われて本格的にロードレースを始めた矢先の2016年4月に生死を彷徨うほどの大ケガを負う。一命は取り留めたものの高次脳機能障害が残り、体の右側の力が弱くなり動きも鈍くなってしまう。

しかしその1年後の2017年8月には世界選手権で優勝。

生死を彷徨い、身体が不自由になってからたったの1年で肉体も精神も立て直した強さには感嘆しかありません。

 

杉浦佳子の結婚や離婚は?

杉浦佳子選手は、2018年に野口から杉浦に名字が変更となっております。どうやらこのときに離婚されたのではないかと思われます。

2019年のインタビューの中で「昨年は離婚も経験しました」と述べられています。

元夫は野口泰さんという方です。一般の方なので詳しい情報は見つかりませんでしたが、杉浦佳子選手と同じくロードレースが趣味だったようです。杉浦選手が大ケガをされたときには献身的にお世話されていたようなのですが・・・その後もロードレースを続けるということで、何か心に引っかかるものでもあって離婚したのかもしれませんね。離婚の真相は、ご本人たちにしか分かりません。

 

杉浦佳子の家族(夫、子供は?)

杉浦佳子選手はどうやら2018年に離婚されているらしいということが分かりました。お子様は、息子と娘の2人です。

長女の方は詳しい情報がありませんでしたが、息子は野口悠真さんというプロのロードレーサーです。

 

オーラなさすぎ・・・なんて紹介されていますが、写真だけ見たらオーラはしっかり出ていらっしゃいます。

公式なプロフィール紹介もあります。1990年生まれなので現在は31歳でしょうか。とても31歳には見えない、あどけない感じも残る綺麗な顔立ちですね。目元などは杉浦佳子さんによく似ています。

選手詳細 | JBCF 全日本実業団自転車競技連盟 公式サイト (jbcfroad.jp)

 

 

杉浦佳子の学歴(中学、高校、大学)は?

杉浦佳子選手は、掛川市立城東中学校、静岡県立掛川西高校と卒業。静岡県立掛川西高校は100年以上続く伝統校で、偏差値60以上の進学校でもあります。中学、高校時代はバスケットボール部に所属していたそうです。この頃はまだロードレースには出会っていないようですが、運動は好きだったようですね。ロードレースに必要な足腰のバネは、この頃から鍛えられていたようです。

そして東京都にある北里大学薬学部に進学。杉浦佳子選手の家は、お祖母さんもお母さんも薬剤師だったそうです。薬学部に進学して薬剤師を目差すのは、自然な流れだったのかもしれません。

杉浦佳子は薬剤師?

杉浦佳子選手は、ロードレーサーであると同時に薬剤師でもあります。長女の出産の時に多摩市に引っ越し、多摩市の調剤薬局に21年間勤務。調剤薬局に勤務しながらトライアスロンの大会に参加されたりしています。その後は武蔵村山市のドラッグストアに移動されたりしています。

薬剤師であるだけでなく、ご自身もバリバリの現役アスリート。そしてアスリートである息子の野口悠真さんを支えるお母さんでもあります。

3足のわらじを履きこなす杉浦佳子選手。このような講演会も行っていらっしゃいます。

第3回パフォーマンスがあがるハイブリッドソーラーハウス体験&パフォーマンス向上講演会 (souzou-kukan.com)

 

これからも、元気に活躍していただきたいと願っています!

 

パラリンピックの関連記事はこちらから
関連記事

波乱続きの東京オリンピックはなんとか閉幕し、次はパラリンピックが開催されます。パラリンピック開幕式で旗手を務めるのは、卓球の岩渕幸洋選手。岩淵幸洋選手は、足に障害を持つパラリンピックの選手でありつつ健常者の実業団チームにも所属している珍しい[…]

卓球
関連記事

8月26日に行われたパラリンピックの水泳の決勝にて、初出場の富田宇宙さんが銀メダルを獲得しました。9月3日にも男子100メートルバタフライで銀メタルを獲得しました。富田宇宙さんは視覚障がいの為、途中でレーンを区切るロープにぶつかる場[…]

関連記事

2016年に開催された、リオパラリンピックで競泳種目4つで銀メダル獲得した木村敬一選手。その実力から、東京パラリンピックでは金メダルを期待されていますね。また端正な顔立ちをしており、ハーフなのかどうかも気になります。今回は、[…]

関連記事

2020東京パラリンピック男子水泳(競泳)で日本勢初の金メダルを獲得した鈴木孝幸選手。自身13年ぶりとなる金メダルでした。フィニッシュ直後には雄たけびを上げ、珍しく喜びを爆発させて注目も集めました。鈴木孝幸選手とは一体どのよ[…]

関連記事

8月29日に行われた、東京パラリンピック競泳男子100メートル平泳ぎ(知的障がい)決勝で山口尚秀選手が世界新記録を出しながら見事勝利し、金メダルを獲得した。初出場で金メダルを獲得ですから、すごいですよね。そんな山口尚秀選手は、一体ど[…]

関連記事

パラリンピックが開幕しがんばっている選手たちの勇姿が連日報道されています。今回はその中のひとり、視覚障害の高田千明さんにスポットを当てました。高田千明選手は、全盲の女子陸上、走り幅跳びの選手です。前回のリオパラリンピックにも出場。世界大会で[…]