STUDIO COASTの閉館理由は?閉館後の跡地はどうなる?

東京都江東区新木場にあるイベントホール「スタジオコースト」(USEN STUDIO COAST)が、2022年1月30日の最終営業日をもって閉館します。

Twitterではこのことについて悲しみの声が多くあがってます。

STUDIO COASTは2002年から20年営業を続けていた老舗の人気ライブハウスでしたが、閉館理由はいったい何なのでしょうか。

また、閉館後の跡地はどうなるのでしょうか。

今回は「STUDIO COASTの閉館理由は?閉館後の跡地はどうなる?」と題して記事をまとめていきます。

STUDIO COASTの閉館理由は?

STUDIO COASTの閉館理由については、定期借家法という法律が関係しているようです。

定期借家法では、土地の借地期間が明確に定められており、借地期間が満了したら返還されます。

事業用借地の場合は借地期間が10年以上20年以下と定められていて、STUDIO COASTは営業開始からちょうど20年経っているため、土地を返還する必要があると考えられます。

しかし、話し合いをすれば借用期間を延長したり、再契約をすることが可能です。

今回STUDIO COASTが借用期間の延長や再契約をしなかった理由としては、

・お金の理由で更新できなかった

・所有者が土地を自分で利用する予定がある

・所有者が土地を更地で売却する予定がある

などが考えられます。

昨年の末にはロックの聖地であるZepp Tokyoも閉館しており、こちらの閉館理由は直接明かされてはいませんが、Zepp Tokyoの経営者がインタビューでコロナ禍での売上減少について語っていることから、お金の理由で更新できなかったことが理由だと思われます。

また、同様に各地のライブハウスでも客足はかなり遠のいており、補助金もあまり出ていないため、閉鎖するライブハウスが多くあるといいます。

このことから、STUDIO COASTが今回閉館することになったのはコロナ禍での売上減少というのが1番の理由だと推測されます。

 

STUDIO COASTの閉館後の跡地はどうなる?

STUDIO COASTの跡地はどうなるのでしょうか。

2022年1 月28日現在、STUDIO COASTの跡地がどうなるかについては発表されていません。

ネットの予測では新しいイベントホールやショッピングモール、キャンプ施設などができるのではないかと予想されています。

しかし、このコロナ禍で新しいイベントホールができるとは考えにくいですね。

また、STUDIO COASTは東京湾の沿岸部にあり、周りに倉庫や工場が多いため、キャンプ施設などができる可能性は低いと思われます。

STUDIO COASTの場所はこちらです。

同じく沿岸部にあったZepp Tokyoの跡地が複合商業施設になることからも、STUDIO COASTの閉館後の跡地にはショッピングモールなどの商業施設ができるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「STUDIO COASTの閉館理由は?閉館後の跡地はどうなる?」と題して記事をまとめました。

STUDIO COASTの閉館理由について、直接明かされてはいませんでしたが、コロナ禍の影響によるお金の理由で閉館せざるを得なかったのではないかと思われます。

また、STUDIO COASTの閉館後の跡地がどうなるかについては、Zepp Tokyoの跡地が複合商業施設になることから、ショッピングモールなどの商業施設ができるのではないかと予想されます。

この記事はここまでとなります。

お読みいただきありがとうございました。