塩谷友駿文春の顔画像やFacebookは?経歴や読み方を徹底調査!

暴露系YouTuberをしている「ガーシー」こと東谷義和さんが、文春記者の塩谷友駿さんに対して激怒しており、話題となっています。

東谷義和さんが怒っている理由が、ガーシーチャンネルに出演した一般女性(元NMB 48松岡知穂)に対して、塩谷友駿さんが脅迫まがいの出待ち取材をしたようです。

これを受けて、東谷義和さんは自身のYouTubeチャンネルで緊急生配信を行い、塩谷友駿さんに対して「絶対許さない」と怒りをあらわにしていました。

動画は、36分間配信され30万回以上視聴されています。

文春記者・塩谷友駿さんの顔画像やFacebookについて気になりますよね。

また、経歴や読み方はどうなのでしょうか。

そこで、「塩谷友駿文春の顔画像やFacebookは?経歴や読み方を徹底調査!」について記事をまとめていきます。

 

塩谷友駿文春の顔画像やFacebookは?

塩谷友駿さんの顔画像やFacebookについて調べてみました。

調べたところ、塩谷友駿さんの顔画像を見つけることができませんでした。

検索エンジンで「塩谷友駿 顔画像」と検索しましたが、出てきませんでした。

また、Facebookについて調べてみましたが、見つける事ができませんでした。

東谷義和さんが塩谷友駿さんの個人情報を晒すとおしゃっていたので、恐れてアカウントを削除したのかもしれません。

本名ではなく、偽名で利用している可能性も考えられます。

 

塩谷友駿のブログ見つかる

「塩谷友駿」で検索したところ、同姓同名の人物が掲載されているブログがある事がわかりました。

しかし、現時点では本人のであると確証が得られないため、掲載は控えさせていただきます。

今後、新たな情報が分かり次第掲載いたします。

 

塩谷友駿文春の経歴や読み方は?

塩谷友駿さんの経歴や読み方について調べてみました。

東谷義和さんのTwitterで塩谷友駿さんの名刺が公開されています。

(h)ttps://twitter.com/GaaSyy_ch/status/1529003245061939203

名刺に塩谷友駿さんの読み方が書かれており、「しおたに」である事が分かりました。

ただ、名前である「友駿」については読み方がなく、YouTubeでも名前は呼んでいませんでした。

しかし、名刺に記載されてているメールアドレスに、「t-shiotani」と書かれており、た行から始まる事がわかりました。

ゆえに、一般的な読み方では「ともしゅん」ですが、実際のところわかっておりません。

また、塩谷友駿さんの経歴について調べたところ、名刺で株式会社文藝春秋とありますが、文春に勤めて記事を書いている方ではない可能性がある事がわかりました。

文春オンラインの著者一覧に「塩谷友駿」の名前がないため、外注で文春に記事を提供していたのかもしれません。

そのため、一般女性にアポなしで取材をするなど、行き過ぎた行為をしてしまったのではないでしょうか。

今後、新たな情報が分かり次第掲載いたします。

 

読み方はともはや?

塩谷友駿さんについて調べてみると、「友駿」という名前は「ともはや」と読むこともできるようです。

 

塩谷友駿の顔画像が公開

東谷氏がTwitterで塩谷友駿さんの顔画像を公開して投稿しました。

この記事のなかで紹介していた塩谷友駿さん本人であると考えられます。

しかし、写真は2010年当時のものとされていて、今は3倍ほど太っているとされています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「塩谷友駿文春の顔画像やFacebookは?経歴や読み方を徹底調査!」について記事をまとめてみました。

暴露系YouTuberをしている「ガーシー」こと東谷義和さんが、文春記者の塩谷友駿さんに対して激怒しています。

東谷義和さんが怒っている理由が、ガーシーチャンネルに出演した一般女性(元NMB 48松岡知穂)に対して、塩谷友駿さんが脅迫まがいの出待ち取材をしたようです。

そこで、塩谷友駿さんの顔画像やFacebookについて気になり調べてみました。

調べてみましたが、塩谷友駿さんの顔画像を見つけることができませんでした。

また、Facebookも見つかりませんでした。

Facebookについて、東谷義和さんが塩谷友駿さんの個人情報を晒すとおしゃっていたので、恐れてアカウントを削除したのかもしれません。

本名ではなく、偽名で利用している可能性があるかもしれません。

そして、塩谷友駿さんの経歴や読み方について調べてみました。

東谷義和さんのTwitterで塩谷友駿さんの名刺が公開おり、苗字の読み方が「しおたに」である事が分かりました。

ただ、名前である「友駿」については読み方がなく、YouTubeでも名前は呼んでいませんでした。

塩谷友駿さんの経歴について調べたところ、名刺で株式会社文藝春秋とありますが、文春に勤めて記事を書いている方ではない可能性がある事がわかりました。

文春オンラインの著者一覧に「塩谷友駿」の名前がないため、外注で文春に記事を提供していたのかもしれません。